問100-341 解説





問341 
近隣の高齢者とその家族から
熱中症について薬局に質問があった。
薬剤師の説明として
適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 室内でも温度や湿度が高いと
発症することがあります。

2 初期症状としては
めまいや立ちくらみが現れることがあります。

3 意識障害が出ている場合
その場所で意識が戻るまで安静にさせて下さい。

4 のどが渇かなくても
こまめに水分摂取と適度の塩分補給が
必要です。

5 高齢者は、汗をかきにくく
発症しやすくなるので注意が必要です。



選択肢 1,2,4,5 は、正しい選択肢です。
・室内でも発症がある
・初期症状
・のどが渇かないうちからの水分・塩分補給の重要性
・高齢者の特性

といった点について
機会があるごとに注意をうながすことが
熱中症予防につながっていく と考えられます。


ちなみにですが
実際に、ドラッグストアで働いていると
夏場にお客様が経口補水 
(OS-1 や、メーカーのPB品) を見て

「どれがいいのかしら。熱中症が心配でね。」
という感じで声をかけられることは、本当によくあります。

その際、本問の内容を、さり気なくお伝えすることに
常に留意することは、有用であると考えられます。



選択肢 3 ですが
意識障害が出ていたら、直ちに救急車を呼びます。
その場所で安静にする、ではありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。


ちなみに
救急を呼ぶ時は住所が必要ですが
屋外では、電信柱や自動販売機を
探すと、スムーズにその場の住所がわかります。



以上より、正解は 3 です。