問100-342 解説




問342 
夏のある日曜日の午前中
薬局に男性から電話があった。
その内容は、「早朝からひどい水様便で
何度もトイレに行く状態だ。熱はない。
昨夜寝る前に冷たいビールを飲んだ。
これからそちらに行く。」とのことであった。

この男性に薦める一般用医薬品の成分として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 タンニン酸アルブミン
2 ピレンゼピン塩酸塩水和物
3 スクラルファート水和物
4 ロペラミド塩酸塩
5 大黄



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
タンニン酸アルブミンは、下痢止めです。
男性の「ひどい水溶便」という内容と合致します。



選択肢 2 ですが
ピレンゼピンは、M1 ブロッカーです。
胃腸薬の成分です。
男性の発言に、胃腸薬を勧める根拠は
ないと考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
スクラルファートは、胃粘膜保護薬です。
選択肢 2 と同様、男性の発言から
この薬を勧める根拠はないと考えられます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。
ロペラミドは、下痢止めです。
男性の「ひどい水溶便」という内容と合致します。



選択肢 5 ですが
大黄は、便秘に用いる生薬です。
下痢の男性に勧める根拠はないと考えられます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。