問100-344





問344 
65歳男性。身長178cm、体重75kg。
食道がんの術前・術後の栄養管理に
養サポートチーム(NST)が
関与することになった。

ただし
本患者の食道に通過障害はあるものの
水分摂取は可能で
食道以外に障害はなかった。
術後においても、水分摂取は可能であった。

この患者に対する栄養療法に関する記述のうち
切なのはどれか。
2 つ選べ。

1 術前の栄養管理は
経腸栄養療法は実施できない。

2 術後の栄養管理には
経腸栄養療法が適している。

3 末梢静脈栄養療法では
1日あたりに必要となる糖質量を
投与することができない。

4 経腸栄養剤としては
半消化態栄養剤よりも
成分栄養剤の方が適している。

5 経腸栄養療法よりも
中心静脈栄養療法の方が
感染性リスクは少ない。



選択肢 1 ですが
まず、栄養不良があると
手術後の合併症発生率や死亡率の上昇が
知られています。
そのため、術前の栄養管理が重要です。

そして、食道がんなどでは
通過障害のため
十分な経口摂取ができない場合が多いです。

そのため、経腸栄養療法も
術前の栄養管理において考量します。
つまり、術前の栄養管理で
経腸栄養療法が実施できない、ということはありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。

補足しますと
術後は、経口摂取は期待できません。
しかし、腸管は使用できます。

また「When gut works, use it」といわれるように
可能な限り腸管を使用することが
栄養管理では、推奨されます。

従って、術後の栄養管理には
経腸栄養療法が適していると考えられます。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。

補足しますと
末梢の静脈からでは
十分な栄養補給はできません。

不足分を補充する手法である
と考えればよいです。


選択肢 4 ですが
半消化態栄養剤とは
タンパク質や多糖類の形で
栄養素が含まれている栄養剤です。
体内での消化が必要な栄養剤です。
(例) エンシュア、アミノレバン)

成分栄養剤とは
アミノ酸などの形で
栄養素が含まれている栄養剤です。
ほとんど消化を必要としない栄養剤です。
(例) エレンタール)

これらは
消化管の残存能力などにより
使い分けます。
より食事に近い半消化態栄養剤が
適していることも十分考えられるため
成分栄養剤の方が適している
とはいいきれないと考えられます。


よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
中心静脈栄養両方の方が
ダイレクトに血中に栄養を送り込むのですから
感染リスクはより高いです。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。