問100-21 解説





問21
「化学物質の審査及ぴ
製造等の規制に関する法律」(化審法)
において
難分解性、高蓄積性及ぴ
ヒト又は高次捕食動物への
長期毒性を有する化学物質の分類は
どれか。1つ選べ。


1 監視化学物質
2 優先評価化学物質
3 特定毒物
4 第一種特定化学物質
5 第二種特定化学物質



問題文にある
難分解性、高蓄積性及ぴ
ヒト又は高次捕食動物への
長期毒性を有する化学物質とは
第一種特定化学物質のことです。


よって、正解は 4 です。


以下、補足ですが
第一種特定化学物質は
H26 年度時点で 30 種
指定されています。


代表的なものは

・ポリ塩化ビフェニル
・ポリ塩化ナフタレン
・ヘキサクロロベンゼン

・アルドリン
・ディルドリン
・エンドリン

・DDT 
・クロルデン
・ビスオキシド

などです。



ちなみに、似ている単語である
第二種特定化学物質(選択肢 5)の定義は
ほぼ第一種特定化学物質と同じです。

ただし
・高次捕食動物ではなく「生活環境動植物」への毒性
・高蓄積性は、ない という点が特徴です。


代表例は

トリクロロエチレン
テトラクロロエチレン
四塩化炭素 です。



つまりまとめると 
「特定化学物質」は
環境に残留(難分解)し
かつヒトの健康被害リスクあり です。

そして、高蓄積性の有無で
さらに一種、二種に分類されています。



ちなみに
選択肢 1 の
監視化学物質の特徴は
難分解性、高蓄積性があるが
ヒトの健康被害リスクが「わからない」 という点です。
(だから、とりあえず監視しておこう という物質である
といえます。)


また
選択肢 2 の
優先評価化学物質は
ヒトの健康被害リスクが「疑われる」 という点が
特徴です。



最後に
選択肢 3 の
特定毒物ですが
これは化審法に基づく物質では、ありません。
毒劇物取締法に基づく物質の分類です。

毒物のうち
著しい毒性を有するもの です。
代表例は、四アルキル鉛 です。