問100-121 解説





121 
エネルギー代謝に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 非タンパク質呼吸商の値から
脂質と糖質の燃焼割合が推定できる。

2 基礎代謝量は
安静時エネルギー消費量とも呼ばれる。

3 糖質、脂質、タンパク質の物理的燃焼価を
四捨五入して得られた整数値は
Atwater 係数と呼ばれる。

4 基礎代謝基準値は
年齢や性別にかかわらず一定である。

5 成人の推定エネルギー必要量は
基礎代謝量に身体活動レベルを乗じて
算出される。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

(例えば
非タンパク質呼吸商が 1 であれば
完全に糖質です。
また
非タンパク質呼吸商が 0.7 であれば
完全に脂質です。)



選択肢 2 ですが
基礎代謝量は、生命活動維持のため必要な
最小限のエネルギー消費量です。

一方、安静時エネルギー消費量は
安静な状態におけるエネルギー消費量です。

安静時エネルギー消費量は
基礎代謝量の約 120 % であるといわれています。

基礎代謝量と安静時エネルギー消費量は
同じものでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
糖質、脂質、タンパク質の物理的燃焼価について
吸収されない分や、排出される分を補正した上で
整数値にしたものが
Atwater 係数 です。

物理的燃焼価を、四捨五入して得られた整数値
では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
基礎代謝基準値は、年齢、性別によって
異なります。

よって、選択肢 4 は誤りです。


ちなみに、基礎代謝基準値は
男女とも1~2歳で最大値を示します。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 1,5 です。














参考)
(基礎代謝量、呼吸商、エネルギー所要量)