問100-123 解説





123 
平成 20 年に
数種の有害化学物質で汚染された事故米を
食用の米と偽って転売する事件が起こった。

この事例に見られるように
米は化学物質による汚染が
較的多い食品である。

米を汚染する可能性が高い
有害化学物質はどれか。
2つ選べ。


1 ベンゾ[α]ピレン
2 アフラトキシン B1
3 パツリン
4 パラジクロロベンゼン
5 メタミドホス



選択肢 1 ですが
ベンゾ[α]ピレンは、不完全燃焼の過程で生じる
発がん性物質です。

米を汚染する可能性が高いとは
いえません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。

アフラトキシンは、カビ毒の一種です。
ナッツ類に生じるカビによる毒として
有名です。

問題文にあった事故米を汚染していた
化学物質の一つです。



選択肢 3 ですが
パツリンは、カビ毒の一種です。
りんご製品でリスクの高いカビ毒として
知られています。

米を汚染する可能性が高いとは
いえません。


よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
パラジクロロベンゼンは
防虫剤や消臭剤に用いられる
化学物質です。

米を汚染する可能性が高いとは
いえません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。

問題文にあった事故米を汚染していた
化学物質の一つです。



以上より、正解は 2,5 です。