問100-124 解説





124 
図の A 及び B は
我が国における出生や死亡に関わる
人口動態指標の1950年以降の年次推移である。

この図に関する記述のうち
誤っているのはどれか。
1つ選べ。


1 A の値が低下傾向を示す一因に
晩婚化に伴う出産開始年齢の高齢化があげられる。

2 A の値は
総人口と出生数のみから求めることができる。

3 A の値が
1971年から1974年にかけて高い値を示すのは
第1次ベビーブーム世代の女性が
出産適齢期にさしかかったことによる。

4 B の値が
1983年頃から緩やかな上昇傾向を示しているのは
人口の高齢化の影響によるものである。

5 B の値は
人口の年齢構成の影響を受けるが
A の値は影響を受けない。



A が 1965 年付近に急落している点と
A と B が近年が逆転している点に注目します。

さらに
縦軸が 人口 千対 となっていることから

A が出生率
B が死亡率 と考えられます。
(急落は、ひのえうま の影響と考えられます。)

これをふまえて、各選択肢を
以下、検討します。


選択肢 1 ~ 4 は、その通りの記述です。



選択肢 5 ですが
B の値、すなわち死亡率は
人口の年齢構成の影響を受けます。
(例) 高齢化が進めば、上昇する)

A の値も同様に
人口の年齢構成の影響を受けます。
(高齢化が進めば、減少する)


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 5 です。





参考)
(厚生労働省の資料 PDF ファイルへ。
一度リンク先のファイルの表に目を通しておくと
イメージがわきやすいと思います。)