問100-126 解説





126 
ある疾患を有する患者と
健常人から得られたゲノムDNAを使用し
疾患原因の候補遺伝子の
一塩基多型(SNP)と疾患との関連について
検討したところ記の結果を得た。

この疾患の発症に関して
遺伝子型TTの
その他の遺伝子型に対するオッズ比に
最も近い値はどれか。
1つ選べ。

1 0.5
2 1.3 
3 6.8 
4 9.1 
5 12


表より
TT あり→ 20,2    
TT なし→218,198

※疾患がある人、ない人 という順番で数字を並べます。

オッズ比の求め方は
左上を a ,右上を b ,左下を c ,右下を d とした時
ad/bc です。


従って
20×198/2 × 218 ≒ 9.1 


以上より、正解は 4 です。




(症例対照研究、オッズ比)