問100-127 解説





127 
肝炎ウイルス感染症に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 肝細胞がんによる死亡者の多くは
C 型肝炎ウイルスの
持続感染者(キャリア)である。

2 B 型肝炎及ぴ C 型肝炎は
輸血によりまん延したことがある。

3 A 型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)は
B 型肝炎や C 型肝炎に比べて多い。

4 B 型肝炎ウイルスは
失活しやすく感染力が弱いため
医療施設内で感染することはない。

5 E 型肝炎ウイルスは
主に輸血により感染する。



選択肢 1,2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
A 型肝炎ウイルスのキャリア化は
ほとんどおきません。

ちなみに、B型肝炎のキャリアは100 万人強
C 型肝炎のキャリアは 約 200 万人 程度と
推定されています。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
B 型肝炎ウイルスは、針刺し事故等により
感染することがあります。
医療施設内で感染することがないとはいえません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
E 型肝炎ウイルスは、ウイルスに汚染された
飲料水及び食物を介して感染します。
主に輸血では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。