問100-129 解説





問129 
予防接種法に基づく
定期予防接種に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。


1 学校内での集団感染を防ぐため
インフルエンザワクチンは 6 歳で接種する。

2 ワクチン接種により起こる
痛み、腫れ、発赤等の軽度な副反応は
完全には防ぐことができない。

3 麻しん及ぴ風しんは
中学校就学以降に感染しやすいため
そのワクチンは11 ~12歳で接種する。

乳児や小児の間で流行する
感染症の定期予防接種は
母子免疫が消失する前の
生後早い時期に設定されている。

5 BCG ワクチンは
予防効果を高めるため 1 歳と 5 歳で接種する。



選択肢 1 ですが
インフルエンザは、予防接種法の対象疾病において
二類疾病に分類される、唯一の疾病です。

そして、二類疾病の予防接種目的は
個人の発病又は重篤化の防止です。
集団感染を防ぐためではありません。

ちなみにですが
インフルエンザワクチンの予防接種を行うのは
60歳以上の方です。

(60~64歳は、条件に該当する方が対象。
65歳以上はみんな対象。)



よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
麻しん、風疹は混合ワクチン
(MR)
1歳から2歳までに1回と
小学校に入る前に1回うけます。
11 ~12歳で接種するわけでは、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
BCG ワクチンは、生後 1 歳までの接種です。

ちなみに、選択肢の記述は
麻しん・風しん混合ワクチン(MR)についてであると
考えられます。



よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,4 です。