問100-132 解説





132 
化学物質とその毒性に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 ハロタンは
アレルギー反応を引き起こし
肝毒性を発現する。

2 ホルムアルデヒドは
紫外線による活性化を受けて
皮膚毒性を発現する。

3 カルパリルは
活性酸素種の産生を介して
肺毒性を発現する。

4 ジクロルボスは
シトクロム c オキシダーゼに結合し
神経毒性を発現する。

5 アニリンとニトロベンゼンの血液毒性発現には
共通の代謝物の生成が関与する。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。



選択肢 2 ですが
ホルムアルデヒドといえば、シックハウス症候群です。
シックハウス症候群には、皮膚刺激も含まれることから
紫外線による活性化を受けなくても
皮膚に対する毒性があると考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
カルバリルは、カルバメート系殺虫剤の一種です。
コリンエステラーゼ阻害剤です。
毒性としては、変異原性や発ガン性の疑いがあります。

活性酸素種の産生を介して
肺毒性を発現する、という記述は
パラコートに関するものであると考えられます。



選択肢 4 ですが
ジクロルボスは、有機リン系の殺虫剤です。
コリンエステラーゼ阻害作用があります。
シトクロム c に結合して神経毒性を示すわけでは
ありません。

シトクロム c オキシダーゼに結合し
神経毒性を発現するという記述は
シアン化物に関するものであると考えられます。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。

ちなみに
共通の代謝物とは、メトヘモグロビンのことです。


以上より、正解は 1,5 です。