問100-133 解説





133 
ダイオキシン類に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 ダイオキシン類は
コプラナ- PCBを除き
有機化合物の燃焼時や

2,4, 5-Tなどの
除草剤製造時の不純物として生成される
非意図的生成物である。

2 ダイオキシン類の内分泌かく乱作用は
ダイオキシン類が
アンドロゲン受容体
アンタゴニストとして結合することに基づく。

3 ダイオキシン類の毒性は
塩素の置換数が多いほど強い。

4 ある土壌試料について
ダイオキシン類を分析したところ
下表の結果を得た。
この土壌試料の毒性等量は
630pg - TEQ/ g である。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
ちなみに、2,4,5-t とは
2,4,5 - トリクロロフェノキシ酢酸 の略称です。



選択肢 2 ですが
ダイオキシンは
芳香族炭化水素受容体(AhR)に対して
リガンドとして結合することが

内分泌かく乱作用のメカニズムの一つとして
知られています。

アンタゴニストとして
アンドロゲン受容体に結合する
というわけでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
ダイオキシン類の毒性は
2,3,7,8 - テトラクロロジベンゾジオキシン
(2,3,7.8 - TCDD)が
毒性が最も強く、基準(1 TEQ)とされます。

つまり、塩素の数が多いほど、毒性が強い
というわけではないということがわかります。
(塩素が4つしかついていない。)


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。

濃度と毒性等価係数を掛けた数字を
全てのダイオキシン類について足し合わせます。
すると

0.1 × 400 = 40
0.3 × 300 = 90
1 × 500 = 500 
であり、合わせると 630 です。



以上より、正解は 1,4 です。