問100-135 解説





問135 
生態系を維持するための
施策及び、意義に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ロンドン条約は
絶滅のおそれのある野生動植物種が
過度に国際取引に利用されることがないように
これらの種を保護することを目的としている。

2 カルタヘナ議定書は
遺伝子組換え技術により改変された生物による
生物の多様性の保全に及ぽす
悪影響を防止するための措置を規定している。

3  京都議定書(1997年)において
温室効果ガスの排出量の削減目標を設定したが
この値に森林吸収量や
他国での排出削減共同事業等による削減量は
考慮されなかった。

4  我が国では
特定外来種が在来種の生息・生育を脅かしたり
農林水産業に被害を及ぽすなど、様々な被害を及ぽす場合
国等が必要に応じて防除を実施することが
法令で定められている。

5  遺伝子組換え作物の環境に対する影響は
食品安全委員会が評価する。



選択肢 1 ですが
ロンドン条約は
海洋汚染防止が目的の国際条約です。

絶滅のおそれのある野生動植物に関する条約は
ワシントン条約です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい記述です。
「カルタヘナ」と
「遺伝子組み換え、生物多様性」というキーワードを
しっかり対応させて覚えておくとよいです。



選択肢 3 ですが
京都議定書において
共同実施が認められています。

つまり、共同事業等による削減量は
認められます。

また、吸収源活動、すなわち
新たに植林をしたり
既存の森林を管理したりすることによる
CO2 吸収量増加分も
京都議定書において、考慮されます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。
外来生物法と呼ばれます。
この法律において、特定外来生物が
指定されます。



選択肢 5 ですが
食品安全委員会が評価するのは
遺伝子組換え「食品」等です。

遺伝子組換え「作物」の
環境に対する影響の評価は

作物の開発者や輸入者等が
「生物多様性影響評価書」を提出し
農林水産大臣と環境大臣が

学識経験者から
意見を聴取した上で承認する、という手順で行われます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,4 です。