問100-136 解説




136 
以下は、水道水の水質基準項目の1つを
測定する試験法に関する記述である。

文中の( )に入れるべき試薬と字句の
正しい組令せはどれか。1つ選べ。

試験水に(ア)を含む反応液を加えて反応させ
対照と比べて、(イ)の有無を観察する。


  ア    イ
1 a  青色蛍光の増加
2 a  黄色発色の増強
3 a  赤色沈殿の生成
4 b  青色蛍光の増加
5 b  黄色発色の増強
6 b  赤色沈殿の生成



試薬 a は
「大腸菌」の検査で用いられる試薬です。
水質検査では「大腸菌」が「検出されない」ことが
必要です。

試薬 b は
「大腸菌群」の検査で用いられる試薬です。



大腸菌 及び 大腸菌群の検査についてですが
大腸菌 や 大腸菌群の持つ
特定酵素を利用して、検出します。

原理は
「配糖体が無色であるような
色が分かる物質や蛍光物質」を用意することで

大腸菌 や 大腸菌群が存在すると
菌の持つ酵素によって糖が分解されて
色の分かる物質や蛍光物質が生成され
呈色されるというものです。



以下では
各試薬について解説します。

試薬 a は、MUG (4-メチルウンベリフェリル- β - D - グルクロニド)
と呼ばれる試薬です。

「大腸菌」の存在下で
β - グルクロニダーゼによって分解され
4 - メチルウンベリフェロンが遊離し
培地に紫外線を当てると青色の蛍光を発します。


試薬 b は、ONPG(o - ニトロフェノール - β - D - ガラクトピラノシド)
と呼ばれる試薬です。

「大腸菌群」の存在下で
β - ガラクトシダーゼにより分解され
o - ニトロフェノール(黄色)が遊離します。



水道水の検査では、「大腸菌」の検査を行うため
用いる試薬は、 a です。
そして、青色蛍光の増加を観察します。


以上より、正解は 1 です。