問100-137 解説





問137 
下水処理で用いられる
活性汚泥法に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 下水処理工程の二次処理で用いられる。

2 第一(最初)沈殿池で得られた汚泥は
活性汚泥として利用される。

3 活性汚泥は静置した時
均一に分散しやすい特徴を有する。

4 汚水中の有機物の分解除去だけでなく
無機リンや窒素も除去される。

5 好気性微生物による酸化作用を利用している。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

下水処理過程は
一次、二次、高度処理にわけられます。

一次処理が、物理的な処理であり
ろ過などのことです。

二次処理が、生物学的な処理であり
活性汚泥の利用などのことです。

高度処理では
それまでの処理で除去できなかった物質を
除去します。



選択肢 2 ですが
一次処理で得られる汚泥は
そのまま汚泥として処理されます。

活性汚泥として
利用されるわけでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
活性汚泥は、水より比重が大きく
静置すると、沈殿します。

この性質により、上澄みを処理水として
活性汚泥の塊(フロック)と分別することが
できます。

均一に分散しやすい特徴を有するわけでは
ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
活性汚泥法は、有機廃水処理の方法です。
下水処理過程で言うと、二次処理までを
行う方法です。

無機物やリンを除去するのは高度処理です。
活性汚泥法では、除去されません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。

好気性、つまり酸素を必要とする
微生物を利用しているため
空気を送り、酸素を供給する必要があります。

そのため、活性汚泥のある反応タンクは
曝気槽とも呼ばれます。



以上より、正解は 1,5 です。