衛生 (実践)





問226-227 
68歳女性。
胃全摘出術の既往がある。
半年前に意識障害を起こし入院中。

21週前から経腸栄養療法を開始し
3日前の検査の結果
白血球数減少と貧血を認めた。

出血の傾向はなく
骨髄穿刺の結果からは
骨髄抑制は認められなかった。


検査値:
白血球数:3.0× 103/μL
赤血球数:2.86× 106/μL
ヘモグロビン:8.4g/dL
ヘマトクリット:25.1%
血小板数:18.7× 104/μL
総タンパク質:7.8g/dL
アルブミン:4.2g/dL
トランスフェリン:275mg/dL


問226(実務)
この患者の栄養管理に対する
薬剤師の対応として
最も適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 タンパク質・エネルギー低栄養状態に関連した
貧血の可能性について
医師に伝えた。

2 n-3 系脂肪酸を多く含む
経腸栄養剤への変更を
医師に提案した。

3 血中の銅濃度を測定するよう
医師に提案した。

4 鉄剤の追加処方を医師に
提案した。

5 過去6ヶ月間の体重変動を確認した。





問227(衛生)
栄養素及び栄養状態に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 タンパク質・エネルギー低栄養状態が
長期に続くと
体内の窒素平衡は正となる。

2 n-3 系脂肪酸は
小腸からの吸収の際
胆汁酸とミセルを形成しない。

3 銅の小腸からの吸収は
過剰の亜鉛の摂取により阻害される。

4 非ヘム鉄の小腸からの吸収は
ビタミンCにより促進される。

5 Body mass index(BMI)が22の場合
「やせ」と判定される。





問228-229 
35歳男性とその妻30歳。
テレビで青汁のCM を見て薬局を訪れ
下記の表示があった保健機能食品
(商品A及び商品B)を選んで薬剤師に相談した。

夫婦共々、子供を希望しているが
現在妊娠はしていない。


問228(実務)
この夫婦の相談に対する説明として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 青汁に含まれている成分だけでは
保健機能食品とはならないこと。

2 低カリウム血症の人には禁忌であること。

3 過剰に摂取しても問題がないこと。

4 Aは特定保健用食品
Bは栄養機能食品であること。

5 妊娠3ヶ月以内や妊娠を希望する人は
用量として多く摂取すること。


問229(衛生)
商品Aの許可表示として
最もふさわしいのはどれか。1 つ選ベ。

1 コレステロールが気になる方の
食生活の改善に役立ちます。

2 動脈硬化症の発症を抑えるのに役立ちます。

3 食後の急激な血糖値の上昇を抑えます。

4 血圧が高めの方、気になる方に適します。

5 食事中の脂肪の吸収を抑え
体脂肪が気になる方に適します。





問230-231
11歳男児。
給食後の体育の授業中に
顔面、頸部、躰幹にじん麻疹が突然出現し
意識消失により病院へ搬送された。

その後、入院加療により改善し、退院時に
アドレナリンの自己注射薬の処方を受けた。


問230(実務)
この患者は、アドレナリンの自己注射薬を
初めて携帯することになった。
注射薬交付にあたって指導すべき内容に関して
適切でないのはどれか。 2 つ選べ。

1 必ず本人が自己注射してください。

2 使用後は、症状が改善しても
必ず医療機関で診察を受けてください。

3 小学生なので、臀部に注射してください。

4 緊急時には衣服の上から注射しても大丈夫です。

5 有効期限が切れる前に
医療機関を受診して新しい製品の処方を受けてください。


問231(衛生)
この症状の原因となる可能性が高い
特定原材料及びそれらを用いた加工食品の表示に
関する記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 食品衛生法で、当該原材料を含む旨の
表示が義務付けられている。

2 現在、表示が義務付けられている特定原材料は
えび、かに、たこなど7品目である。

3 当該原材料が重量で
5%以上含まれている場合に表示義務が生じる。

4 対面販売や量り売り販売の場合は
表示義務はない。

5 当該原材料を使用した食品添加物については
表示が免除されている。





問232-233 
41歳男性。
山歩きの時に採取したきのこや山菜を
おひたしにしてその日の夕食で食べたところ
1時間後に口唇のしびれが出現した。

症状が次第に悪化
激しい嘔吐、四肢のしびれ、呼吸困難を
起こしたため、救急搬送された。
病院到着時に重篤な心室性不整脈が出現したため
アミオダロン塩酸塩注射液が投与された。


問232(実務)
アミオダロン塩酸塩注射液を使用する際の
注意事項として、正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 希釈する場合は、生理食塩液を用いる。

2 点滴静注する場合は
滴下型の持続注入ポンプを使用する。

3 投与開始後は
心電図の連続監視下で患者の状態を把握する。

4 投与開始後は
肝機能モニタリングを実施する。



問233(衛生)
植物とその有毒成分の組合せのうち
本症状の原因として最も可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

植物                   有毒成分
1 ツキヨタケ       イルジンS
2 タマゴテングタケ α-アマニチン
3 ジギタリス       ジギトキシン
4 ワラビ             プタキロシド
5 トリカブト         アコニチン





問234-235 
60歳女性。
以前より糖尿病と診断され、食事や運動に気をつかい
服薬コンプライアンスも良好であったが
最近、労作時に息切れがあり、体重も増加して悩んでいた。

女性から「最近靴が履きにくくなった」との訴えもあり
薬剤師が女性のふくらはぎを軽く押してみたところ
押した所が元に戻らなかった。


問234(実務)
女性が服用中の以下の薬剤のうち
上記の原因として最も可能性が高いのはどれか。
1 つ選べ。

1 ピオグリタゾン塩酸塩錠
2 トルブタミド錠
3 八味地黄丸
4 メコバラミン錠
5 エパルレスタット錠


問235(衛生)
下図は、我が国における
糖尿病、悪性新生物、脳血管疾患
心疾患及び高血圧症の総患者数の
年次推移を表したものである。

糖尿病に該当するのはどれか。1 つ選べ。





問236-237 
22歳女性。
数日前より下腹部に違和感があり
外陰部のかゆみに加え、おりものに異常がみられた。

テレビで膣カンジダ症に使用する薬が
発売されたことを知って来局し
薬剤師に相談した。


問236(実務)
薬局薬剤師が
膣カンジダ症に使用する薬を
販売するにあたり必ず
確認しなければならないのはどれか。 2 つ選べ。

1 以前に医師から
膣カンジダ症の診断・治療を受けたことがあるか。

2 喫煙したことがあるか。

3 高血圧症と診断されたことがあるか。

4 現在の体重はどのくらいか。

5 妊娠している可能性があるか。



問237(衛生)
膣カンジダ症に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 カンジダ属菌は常在真菌であり
日和見感染を引き起こす。

2 性交経験がない女性にも発症することがある。

3 感染症法(注)では5類感染症に分類される。

4 女性から男性へのカンジダ属菌の感染はない。

(注)感染症の予防及び感染症の患者
対する医療に関する法律





問238-239 
41歳男性。
就寝中に胸部圧迫感が出現。
近医で検査の結果
冠攣縮性狭心症と診断され
薬物療法が開始された。

患者情報は以下の通りである。
血圧130/75mmHg
心拍数58回/分、呼吸数14回/分
喫煙30本/日
飲酒ビール350mL × 3 本 / 日
営業職で残業が多い

(処方)
ニフェジピン徐放錠20mg(24時間持続) 
1日1回(1回1錠)
就寝前14日分

速効性ニトログリセリンエアゾール剤 0.3mg 1本
胸痛発作時1回1噴霧


問238(実務)
薬剤交付時に
患者に伝えるべき注意事項として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 内服薬は
副作用として低血糖を起こしやすい。

2 内服薬の効果が現れにくくなるので
納豆を摂取することは避ける。

3 内服薬は、症状が改善しても
自己判断での服薬の中断はしない。

4 エアゾール剤は
発作時の痛みの程度に応じて
噴霧回数を調節する。

5 エアゾール剤は
噴霧孔を上にして垂直に立てて持ち
噴霧孔をできるだけ口に近づけて噴霧する。



問239(衛生)
冠攣縮性狭心症の
重大な危険因子として喫煙がある。
我が国における喫煙及び喫煙対策
に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 2000年以降の日本人男性の喫煙率は低下しており
現在、欧米諸国に比べかなり低い。

2 環境基本法では
病院の管理者に、利用者の受動喫煙を
防止するために必要な措置を講ずるように
努めることを義務づけている。

3 2013年度から開始された
「21世紀の国民健康づくり運動(健康日本21(第2次))」で
未成年の喫煙率0%をはじめ
喫煙に関する目標が設定されている。

4 特定保健指導の対象者の選定・階層化には
喫煙歴の有無も加味される。

5 医師によるニコチン依存症患者への禁煙指導は
医療保険給付の対象外である。





問240-241 
薬局で向精神薬の処方量を
不正に多くした偽造処方せんが見つかった。

造処方せんを持ってきたのが
中学生であったため
通っている中学校側とも相談
臨時に生徒を対象とした
薬物乱用防止講座を開くこととなった。



問240(実務)
その薬物乱用防止講座の
内容に関する記述のうち、適切でないのはどれか。
2 つ選べ。

1 薬物を遊びや快楽のために
1回使用しただけでも薬物乱用とみなされる。

2 安息香酸ナトリウムカフェインは
第一種向精神薬である。

3 薬物乱用を取り締まる法律のひとつとして
「麻薬及び向精神薬取締法」がある。

4 薬物乱用者には、身体的依存は見られない。

5 処方せん調剤された向精神薬でも
薬物乱用の対象となる場合がある。


問241(衛生)
乱用が問題となっている下記の薬物のうち
向精神薬でないものはどれか。2 つ選べ。





問242-243 
70歳男性。
甲状腺がんの
多発性骨転移による疼痛があり
外部放射線照射療法及び
オピオイドの投与を行ったが
コントロール困難であった。

疼痛緩和を目的として
放射性医薬品を使用することになった。


問242(実務)
この患者に
投与すべき薬剤はどれか。1つ選べ。

1 ヨウ化ナトリウム(123 I)カプセル

2 イットリウム(90Y)
イブリツモマブチウキセタン注射液

3 フルデオキシグルコース(18F)注射液

4 ジメルカプトコハク酸テクネチウム(99mTc)注射液

5 塩化ストロンチウム(89Sr)注射液



問243(衛生)
この患者に投与すべき薬剤から放出され
疼痛緩和に寄与する放射線に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 放射線荷重係数は、20である。

2 低LET(線エネルギー付与)放射線である。

3 粒子線である。

4 内部被曝による生体影響はない。

5 薄い紙一枚で遮蔽できる。





問244-245 
最近改築した
小学校の学校保健安全委員会で

養護教諭から
「めまいや頭痛、のどの痛みなどを訴えて
保健室に来る児童が増えた。」
との報告があった。

また、保護者からは
「最近、子供の集中力が低下した。」
との声が多く聞かれた。

問244(実務)
原因究明のため
学校薬剤師が教室等の室内空気について
速やかに検査を行うべき項目として
適切なのはどれか。つ選べ。

1 揮発性有機化合物濃度

2 二酸化炭素濃度

3 一酸化炭素濃度

4 二酸化窒素濃度

5 ダニまたはダニアレルゲン量


問245(衛生)
検査項目とその測定法の組合せのうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。


    検査項目  測定法

1 揮発性有機化合物濃度   モール法

2 二酸化炭素濃度   パラロザニリン法

3 一酸化炭素濃度   赤外線吸収法

4 二酸化窒素濃度   ザルツマン法

5 ダニまたはダニアレルゲン量   標準寒天培地法