問100-238239 解説





問238-239 
41歳男性。
就寝中に胸部圧迫感が出現。
近医で検査の結果
冠攣縮性狭心症と診断され
薬物療法が開始された。

患者情報は以下の通りである。
血圧130/75mmHg
心拍数58回/分、呼吸数14回/分
喫煙30本/日
飲酒ビール350mL × 3 本 / 日
営業職で残業が多い

(処方)
ニフェジピン徐放錠20mg(24時間持続) 
1日1回(1回1錠)
就寝前14日分

速効性ニトログリセリンエアゾール剤 0.3mg 1本
胸痛発作時1回1噴霧


問238(実務)
薬剤交付時に
患者に伝えるべき注意事項として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 内服薬は
副作用として低血糖を起こしやすい。

2 内服薬の効果が現れにくくなるので
納豆を摂取することは避ける。

3 内服薬は、症状が改善しても
自己判断での服薬の中断はしない。

4 エアゾール剤は
発作時の痛みの程度に応じて
噴霧回数を調節する。

5 エアゾール剤は
噴霧孔を上にして垂直に立てて持ち
噴霧孔をできるだけ口に近づけて噴霧する。



選択肢 1 ですが
ニフェジピンの副作用として
高血糖があります。
低血糖を起こしやすい、ということはありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
納豆摂取を避けるべき薬は、ワルファリンです。
ニフェジピンの効果に影響がある食べ物としては
グレープフルーツジュース(GFJ)があります。
また、その相互作用は、内服薬の効果を
増強する方向です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
痛みの程度によらず、1回1噴霧です。
痛みが3分経っても収まらない時に
もう1回使用します。

3回以上は使用しません。
痛みが2回めの使用以後も
改善しない場合は
重度の狭心症の危険があり
救急車を呼ぶべき状態です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。
ちなみに
初めての使用 及び
1ヶ月程度使用していない場合の使用 では
空噴霧を数回行い、薬液が噴霧されることを
確認した上、使用します。

また、寝ている場合は
頭を少し起こして使用します。



以上より、正解は 3,5 です。



問239(衛生)
冠攣縮性狭心症の
重大な危険因子として喫煙がある。
我が国における喫煙及び喫煙対策
に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 2000年以降の
日本人男性の喫煙率は低下しており
現在、欧米諸国に比べかなり低い。

2 環境基本法では
病院の管理者に、利用者の受動喫煙を
防止するために必要な措置を講ずるように
努めることを義務づけている。

3 2013年度から開始された
「21世紀の国民健康づくり運動(健康日本21(第2次))」で
未成年の喫煙率0%をはじめ
喫煙に関する目標が設定されている。

4 特定保健指導の対象者の選定・階層化には
喫煙歴の有無も加味される。

5 医師によるニコチン依存症患者への禁煙指導は
医療保険給付の対象外である。



選択肢 1 ですが
日本人男性の喫煙率は低下傾向です。
JT の「全国たばこ喫煙者率調査」によれば
約 30 % です。

ですが、欧米諸国に比べかなり低いとは
いえません。
欧米の男性も、大体 20~30 % の喫煙率です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
受動喫煙防止措置の努力義務は
健康増進法により規定されています。
環境基本法では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
いわゆる禁煙外来であり、保険適用です。
つまり、医療保険給付の対象です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。