問100-244245 解説





問244-245 
最近改築した
小学校の学校保健安全委員会で

養護教諭から
「めまいや頭痛、のどの痛みなどを訴えて
保健室に来る児童が増えた。」
との報告があった。

また、保護者からは
「最近、子供の集中力が低下した。」
との声が多く聞かれた。

問244(実務)
原因究明のため
学校薬剤師が教室等の室内空気について
速やかに検査を行うべき項目として
適切なのはどれか。 1 つ選べ。

1 揮発性有機化合物濃度

2 二酸化炭素濃度

3 一酸化炭素濃度

4 二酸化窒素濃度

5 ダニまたはダニアレルゲン量




頭痛、のどの痛み、めまい などの症状
及び、最近改築した という点から
シックハウス症候群が推測されます。

そのため、代表的な原因物質である
揮発性有機化合物の濃度を
速やかに測定するべきであると考えられます。


ちなみにですが
二酸化炭素濃度が上昇すると
特徴的な症状として眠気などが表れます。


一酸化炭素濃度が上昇すると
頭痛や吐き気、めまいなどが表れます。


二酸化窒素濃度が上昇すると
呼吸器の異常が表れます。


ダニやアレルゲンは、シックハウス症候群の
原因の一つですが、本問においては
改築後すぐである、という点から
優先して測定する必要はないと考えられます。



以上より、正解は 1 です。



問245(衛生)
検査項目とその測定法の組合せのうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。


    検査項目  測定法

1 揮発性有機化合物濃度   モール法

2 二酸化炭素濃度   パラロザニリン法

3 一酸化炭素濃度   赤外線吸収法

4 二酸化窒素濃度   ザルツマン法

5 ダニまたはダニアレルゲン量   標準寒天培地法



選択肢 1 ですが
モール法とは
塩化物または臭化物イオンの滴定方法です。
揮発性有機化合物濃度の測定法では、ありません。

揮発性有機化合物は、触媒酸化して
二酸化炭素として測定する か
水素炎イオン化 により分析します。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
パラロザニリン法とは、SOx の 測定法です。
二酸化炭素濃度の測定法では、ありません。
二酸化炭素は、赤外吸収により測定します。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
標準寒天培地法は
大腸菌などの最近の測定法です。
ダニまたはダニアレルゲン量の
測定法では、ありません。


ダニまたはダニアレルゲンは
実際にチリを採取し、顕微鏡で検査したり
ELISA 簡易測定法 で測定します。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。