100-1~100-5 解説一覧


問 1 次に示す単位のうち、SI 基本単位でないのはどれか。1つ選べ。

1 m (メートル)
2 kg (キログラム)
3 J (ジュール)
4 K (ケルビン)
5 s (秒)


SI基本単位は、以下の 7 つです。

m (メートル) 長さ
kg (キログラム) 質量
s (秒) 時間
A (アンペア) 電流 
K (ケルビン) 温度
cd (カンデラ) 光度
mol (モル) 物質量


選択肢 3 の J (ジュール)は
7つの基本単位に入っていません。


以上より、正解は 3 です。



問 2 正逆反応とも
一次反応で進行する反応を考える。
k1 = 0.01 min -1、k-1 = 0.02 min -1 のとき
反応物 A と生成物 B の割合は
時間とともにどのように変化するか。 
1つ選べ。

ただし
反応開始時の反応物 A の割合を 1 とする。



一次反応で進行する ということから
A → Bの反応速度は
v = k[A]  つまり
v = 0.01 [A] と表すことができます。

同様に
B → Aの反応速度は
v' = k-1 [B] つまり
v' = 0.02 [B] と表すことができます。


v = v' つまり
0.01 [A] = 0.02 [B] 
となる時、見かけ上反応が止まります。


0.01[A] = 0.02[B] は
両辺を 100倍すれば
[A] = 2[B] です。

つまり
反応が止まった時に
[A] : [B] が 2:1 になっているグラフを
選べばよいということになります。
以下、各選択肢を検討します。



選択肢 1 は
[A]:[B] が4:1なので、誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。


選択肢 3 は
[A]:[B] が 1:1なので、誤りです。


選択肢 4,5 は
反応が止まった時に
Bの方が濃度が高くなっており、明らかに誤りです。



以上より、正解は 2 です。



問3 
次に示す放射性核種のうち
放出される γ 線が診断に用いられるのはどれか。
1 つ選べ。

3H
14C
32P
90Sr
201Tl


選択肢 1,2,3,4 ですが
3H、14C、32P、90Sr 
β壊変で、e- を放出します。
γ線ではありません。

よって、誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。
201Tl は、γ 線 を放出します。
塩化タリウム の形で 甲状腺腫瘍や
心筋 の測定に用いられる核種です。



以上より、正解は 5 です。



問4 
分析法バリデーションにおいて
分析法で得られる測定値の
偏りの程度を示すパラメータはどれか。

1 真度
2 精度
3 特異性
4 直線性
5 検出限界


バリデーションとは、妥当性確認 と訳されます。
意味は、期待される結果を与えることを
検証し、文書化すること です。


分析法バリデーションとは
日本薬局方によれば
医薬品の試験方法に用いる分析法に関して
分析法の誤差による判定の誤りの確率が
許容できる程度であることの科学的立証である
といえます。

以下、各選択肢を検討します。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。


選択肢 2 ですが
精度とは
「均質な検体から採取した複数の試料を
繰り返し分析して得られる一連の測定値が
互いに一致する程度」 のことです。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
特異性とは
「試料中に共存すると考えられる物質の存在下で
分析対象物を正確に測定する能力」 のことです。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
直線性とは
「分析対象物の量又は濃度に対して
直線関係にある測定値を与える
分析法の能力」 のことです。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
検出限界とは
「試料に含まれる分析対象物の
検出可能な最低の量又は濃度」 のことです。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1 です。



問5 
0.10 mol/L 塩酸水溶液の pH として
最も近い値はどれか。1つ選べ。
ただし、塩酸は完全に解離するものとする。

1 -0.10
2 0.00
3 0.10
4 1.0
5 2.0


pH = -log10[H+] です。

0.10 mol/L の塩酸 HCl が完全に解離すると
HCl → H+ + Cl- なので
[H+]も 0.10 mol/L となります。


すると、代入して
pH
= -log10(0.10)
= -log10(10-1)
= -(-1)
= 1

つまり、選択肢 4 が正解です。


以上より、正解は 4 です。