物理・化学・生物 (実践)





問196-199

慢性動脈閉塞症(バージャー病)の 65 歳男性。
安静時にも疼痛を訴えるため
医師からプロスタグランジン E1 
(アルプロスタジル)注射剤を
投与したいと、朝のカンファレンスにおいて提案があった。

プロスタグランジン E1 製剤とし
αーシクロデキストリンを合む
注射用アルプロスタジルアルファデクスと
ポ化製剤のアルプロスタジル注射液が
院内で採用されている。

医師は、2 つの製剤に関する情報提供を
薬剤師に求めた。


間196 (実務)
注射用アルプロスタジルアルフアデクスは
α-シクロデキストリン及び
乳糖水和物を含む
用時溶解型の凍結乾燥製剤である。

提供する情報として
誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 溶解液には、生理食塩液を用いる。
2 溶解後 1 時間経過したものは、廃棄する。
3 静脈及び動脈内に持続的な投与が可能である。
4 本剤による治療は、対症療法に位置づけられる。
5 出血している患者には投与しない。





問197 (実務)
アルプロスタジル注射液10μgは
以下の組成のリポ化製剤である。

アルプロスタジル 10 μg
精製ダイズ油 200mg
高度精製卵黄レシチン 36mg
オレイン酸 4.8mg
濃グリセリン 44.2mg
pH調整剤


薬剤師が、医師に対して提供する
アルプロスタジル注射液の情報として
正しいのはどれか。2つ選べ。


1 澄明な溶液である。
2 凍結して保存する。
3 5%ブドウ糖注射液に混和して、点滴静注することができる。
4 ポリ塩化ビニル製の輸液セットを用いる必要がある。
5 病変部位に集積する性質をもつ。




問 198

注射用アルプロスタジルアルファデクス中の 
α -シクロデキストリンは
プロスタグランジン E をモル比 1 : 1 で包接する。

注射用アルプロスタジルアルファデクス(20 μg) を 25 ℃
1 mL 注射用水に溶解した。

この時
65% のプロスタグランジン Eα -シクロデキストリンから
解離していた。

プロスタグランジン E
αーシクロデキストリンへの包接化の平衡定数(L・mol -1)として
最も近いのはどれか。1つ選べ。

ただし
この注射用粉末にはブロスタグランジンE1が 56.4 nmol
αーシクロデキストリンが 685 nmol 含まれるとする。

1 8.1 ✕ 102
2 9.0 ✕ 102
3 9.0 ✕ 103
4 8.1 ✕ 104
5 9.0 ✕ 105





問 199
リポ化製剤であるアルプロスタジル注射液は、ダイズ油を分散体の主成分とする
油滴分散体である。

この分散体を球体としたとき、分散体の内圧は、外圧に対して
どの程度高いか。最も近い値はどれか。1つ選べ。

ただし、以下に示すヤング・ラプラスの式が成り立つとし
油滴分散体の直径は、約120nm
分散体の主成分であるダイズ油の注射液界面に対する
界面ギブズエネルギーは、25mJ/m2とする。
ただし、分散体中の界面活性剤の影響はないものとする。


1 8.3 ✕ 104 Pa
2 1.7 ✕ 105 Pa
3 4.2 ✕ 105 Pa
4 8.3 ✕ 105 Pa
5 1.7 ✕ 106 Pa





問200-201
 医師から
組換え医薬品に関する情報を求められた。
そこで、薬剤師が組換え医薬品について
情報収集を行った。


問200 
組換え医薬品に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 キメラ型の抗体医薬品は
ヒト由来の可変領域と
マウス由来の定常領域を有する。

2 組換え型ワクチン(ウイルス様粒子ワクチン)は
生ワクチンと比較して
ワクチンに由来する感染症への
感染リスクが低い。

3 組換え医薬品には
ステロイドホルモン、血液凝固因子
血小板活性化因子
サイトカイン、モノクローナル抗体などがある。

4 がん治療に用いられる
抗体医薬品の標的には
細胞表面抗原や増殖因子
血管新生に関わる分子などがある。



間201 
組換え医薬品に分類される抗体医薬品は
凍結乾燥品であることが多い。
組換え医薬品の凍結乾燥に関する記述の
①、②の組合せとして適切なのはどれか。
1つ選べ。

水に溶けている試料の凍結乾燥品を調製する場合
水の変化を表す主たる現象は(①)である。

また(①)の現象の転移エンタルピーは
(②)のプロットの傾きから求められる。

ただし、相転移温度と蒸気圧との関係は
次に示すクラペイロン・クラウジウスの式
により表される。




問202-203 
43歳男性、体重53kg。

呼吸器内科に通院中
肺炎を繰り返すようにな
気管支アスペルギルス症と診断され
入院となった。

入院時の持参薬は
以下のとおりであり
入院中も継続して服用した。

(持参薬)
メシル酸ガレノキサシン水和物錠 200mg
1回2錠( 1日2錠) 1日1回 朝食後

アンブロキソール塩酸塩錠15mg
1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食後

コデインリン酸塩散1%
1回2g ( 1日6g)
1 日 3回 朝昼夕食後



注射用ボリコナゾールを初日に600mg
2日目以降は 400mg を1日2回に分けて点滴静注し
投与開始 4 日目と 8 日目に
血中濃度を測定した。

その後、点滴静注から
ボリコナゾール錠 200mg を
1回1錠( 1 日 2 錠) 1 日 2 回の
内用剤に切り換えることになった。


問202
病棟の薬剤師が行うこととして
適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 ボリコナゾール錠は
現在服用中の他の薬剤と一緒に
食後に服用するよう患者に指導した。

2 ボリコナゾールを内用剤に切り換えた後
必要に応じて血中濃度を測定するよう
医師に提案した。

3 肝機能検査値の変化に
注意するようカルテに記載した。

4 咳がおさまったので
持参薬のうちコデインリン酸塩散の中止を
医師に提案した。

5 ボリコナゾール錠を服用し忘れたときは
次回にまとめて2錠を服用しないよ
患者に指導した。



問203
血漿中ボリコナゾール濃度の定量に際し
下記の除タンパク操作を行った。
□ に入る最も適切な試薬はどれか。1つ選べ。



血漿試料に
内標準物質、□、および酢酸エチルを
加えて振とう・混和し

遠心分離を行って
上層の有機層を回収する。

溶媒を留去し
液体クロマトグラフィー用移動相に溶解して
液体クロマトグラフィー/質量分析法(LC/MS)で
析する」

1 希塩酸
2 エタノール
3 エチレンジアミン四酢酸(EDTA)水溶液
4 過酸化水素水
5 飽和炭酸水素ナトリウム水溶液





問204-205 
悪性リンパ腫の患者に対し
注射用シクロホスファミド水和物 950 mg を
500 mL の生理食塩液に溶解し
90 分間かけて点滴静注することになった。


問204(実務)
調製を担当する薬剤師が注意することとして
適切でないのはどれか。つ選べ。

1 ガウン、手袋(二重)、マスク、キャップなどで
皮膚を覆った状態で
安全キャビネット内で調製する。

2 バイアルに生理食塩液を加えるときは
予めシリンジで相当する空気を送り込んで
バイアル内を陽圧状態にしておく。

3 溶解操作を行ったときには
必ず目視で完全に溶解したことを確認する。

4 シリンジは、注射針が外れるのを防ぐため
ルアーロック式が望ましい。

5 調製によって生じたゴミは
チャック付のビニール袋等に入れる。



問205(物理・化学・生物)
調製作業後、安全キャビネット周辺の
シクロホスファミドの飛散状況を
液体クロマトグラフィー/質量分析法(LC/MS)を
用いて確認することになった。

以下の記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。



1 本薬物は難揮発性物質であるので
トリメチルシリル(TMS)化などの誘導体化が必要である。

2 本薬物は、大気圧イオン化法である
エレクトロスプレーイオン化(ESI)法により
イオン化される。

3 塩素の安定同位体は
整数原子量が 35 と 37 のものが
ほぼ 3:1 で存在するた

本薬物の分子イオンピークをMとすると
質量数がM、M +2、M +4の3本のピークは
強度比 約1:2:1で観測される。

4 本薬物の定量に
重水素標識体を内標準物質として用いる際には
その放射性があるため
使用場所が制限される。

5 本薬物のような低分子の測定では
タンデム型質量分析計を用い
プリカーサーイオン(前駆イオン)と
そこから生成するプロダクトイオンを選択すること
薬物に対する選択性が向上する。





問206-207 
43歳男性。胃潰瘍の治療のため
オメプラゾール腸溶錠 20 mg を
1日1回投与されることになった。


問206(実務)
オメプラゾール腸溶錠を
適切に使用するための情報として正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 逆流性食道炎の治療にも用いられる。

2 小腸の管腔内で活性体に変化する。

3 通常、胃潰瘍の治療では
最長8週間まで投薬できる。

4 CYP2D6 の活性が低い場合は
オメプラゾールの血中濃度が上昇しやすい。

5 併用すると
アタザナビル硫酸塩の吸収率が高まる。


問207(物理・化学・生物)
オメプラゾールの構造及び
その生体内での変化に関して
誤っている記述はどれか。1 つ選べ。




1 オメプラゾールは
イオウ原子上に不斉中心を持つ。

2 Aはオメプラゾールの
分子内置換反応によって生成する。

3 BからCへの変換によって
生成する分子Eは水である。

4 Cは酵素Fの
システイン残基と反応してD になる。

5 オメプラゾールは
酵素Fを不可逆的に阻害する。





問208-209 
53歳男性。
2型糖尿病のため、以前より
グリベンクラミド錠2.5mg 1錠 
ピオグリタゾン塩酸塩錠15mg 1錠を
1日1回服用していた。

春の定期健康診断で
胃がんが見つかり、手術の適応となった。

手術時には、経口薬が使えないた
以下の処方に切り替えることとなった。

(処方)
カリウム含有維持輸液製剤 500mL
20 % グルコース 40mL
超速効型インスリン 15 単位
よく混和し 50mL/時間で滴下し
1時間ごとに血糖値をチェックすること


問208(実務)
上記の処方により
手術時及び術後に
血糖値のコントロールが必要な理由として
誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 感染症のリスクが高くなる。
2 アルカローシスになりやすい。
3 高浸透圧性昏睡を生じる可能性がある。
4 手術侵襲により高血糖を起こしやすい。
5 創傷治癒の遅延が生じやすい。





問209(物理・化学・生物)
次の化学構造で表される
ヒトインスリンに関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。



1 A 鎖の C 末端のアミノ酸はグリシンである。

2 ヒトインスリンのアミノ酸の一部を置換した
超速効型インスリンは、二量体を形成しにくい。

3 3つのジスルフィド結合は
すべて
2本のペプチド鎖を互いに結合させている。

4 ジスルフィド結合は
システイン残基の酸化反応によって形成される。

5 インスリンは肝臓でA鎖とB鎖に開裂し
活性を発現する。





問210-211 
74歳女性。
大腸がんを原発とし転移性肺がんとなった。
病棟薬剤師1名が常駐する
緩和ケア病棟に入院となり、下記の薬剤が処方された。

(処方)
モルヒネ硫酸塩徐放錠60mg (12時間持続) 1回1錠(1日2錠)
1日2回朝夕食後7日分

酸化マグネシウム1回0.5g(1日1.5g)
1日3回毎食後7日分


問210(実務)
服用3日後、この患者は亡くなり
病棟から上記の薬剤が担当薬剤師に返却となった。

担当薬剤師の麻薬の廃棄への対応として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 返却された麻薬は
麻薬帳簿または廃棄簿に返却数を記載した。

2 担当薬剤師は返却された麻薬を
回収が困難な方法で、1人で廃棄した。

3 調剤済みの麻薬であったので
廃棄後、廃棄届を提出しなかった。

4 廃棄後、麻薬帳簿または廃棄簿に
廃棄したことを記載した。



問211(物理・化学・生物) ※不適切問題として削除された。
モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか。2つ選べ。


解説なし。不適切問題として削除されたため。





問212-213 
80歳女性。
2年前に軽度アルツハイマー型認知症と診断され
現在ドネペジル塩酸塩錠5mg を服用している。

改訂長谷川式
簡易知能評価スケールを用いて評価した結果
ここ1年で軽度から中等度に悪化した。

そこで、カンファレンスで
治療方針について話し合うことになった。


問212(実務)
薬剤師からの提案事項として
適切なのはどれか。 2 つ選べ。

1 ガランタミン臭化水素酸塩錠を併用する。

2 ビペリデン塩酸塩錠を併用する。

3 ガランタミン臭化水素酸塩錠に変更する。

4 メマンチン塩酸塩錠に変更する。



問213(物理・化学・生物)
以下の各医薬品と
それらが作用する酵素あるいは受容体に対する
内在性の基質あるいはリガンドの組合せとして
正しいのはどれか。2つ選べ。





問214-215 
36歳女性。
常に下腹部が張っていて
排便回数は3~4日に一度であり
排便後もすっきりしない。

最近は顔に吹き出物ができ
なかなか治らないため来局した。
薬剤師と相談し
大黄甘草湯を購入することとなった。

問214(実務)
この際、薬剤師が確認、指導する内容として
適切でないのはどれか。 1 つ選べ。

1 他の下剤の使用の有無を確認した。

2 妊娠していないかを確認した。

3 薬だけに頼らず
適度な運動を心掛けるよう指導した。

4 症状が良くならなくても
少なくとも2週間は服用するよう指導した。

5 脱力感や筋肉痛が現れ
徐々に強くなるようなら服用をやめ
申し出るよう指導した。


問215(物理・化学・生物)
大黄甘草湯に含有される
センノシドA及びその誘導体に関連する記述のうち
しいのはどれか。2つ選べ。



1 センノシドAは
トリテルペンの一種である。

2 化合物A~Cは
腸内細菌が産生する酵素によって
生成される。

3 炭素aの絶対配置はS である。

4 化合物Cは
化合物Bの酸化的開裂によって生じる。

5 大黄甘草湯が示す
瀉下作用の活性本体は
化合物Cである。





問216-217 
20歳女性。体重40kg。
劇症肝炎のため
兄を臓器提供者とした生体部分肝移植を受けた。

タクロリムス水和物カプセル
1mg 1回2カプセル(1日4カプセル)
1日2回朝夕食後投与にて
維持療法を行っていたが
下記の処方が追加になった。

(処方)
ミコフェノール酸モフェチルカプセル
250mg  1回4カプセル (1日8カプセル)
1日2回 朝夕食後 7日分


問216
本患者の薬物療法に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 悪性腫瘍の発生に注意する。

2 高血糖症状の副作用発現に注意する。

3 免疫低下による感染の防止のため
乾燥弱毒生風しんワクチンを接種する。

4 ミコフェノール酸モフェチルは
タクロリムス水和物の副作用を
軽減する目的で使用する。





問217(物理・化学・生物)
移植臓器に対する拒絶反応及び
その制御に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 臓器提供者(ドナー)と受容者(レシピエント)が
親子であれば
一般に拒絶反応は起こらない。

2 ドナーとレシピエントの
ヒト白血球抗原(HLA)の不適合は
拒絶反応の要因となる。

3 移植された臓器が
レシピエントの免疫反応により傷害される反応を
移植片対宿主反応
(graft-versus-host reaction, GVHR)という。

4 移植後、数日から数週間で起こる
急性拒絶反応に
T 細胞は関与しない。

5 タクロリムスは
細胞内の特定のタンパク質と複合体を形成し
転写因子の活性化に関わる
ホスファターゼを阻害する。





問218-219 
77歳男性。
163cm、65.0kg、body mass index(BMI)24.5。
現在、糖尿病治療のため、下記の薬剤を服用している。

グリメピリド錠3mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回朝食後

ボグリボース錠0.3mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回朝昼夕食直前

メトホルミン塩酸塩錠250mg 1回1錠(1日2錠)
1日2回朝夕食後


これまで、HbA1c(国際標準値)は
7.0%前後で推移していたが
最近になり9.0%まで上昇したため
以下の処方が追加された。

(処方)
アログリプチン安息香酸塩錠25mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回朝食前14日分


問218(実務)
上記の追加処方に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 低血糖のリスクは
特にスルホニルウレア剤との併用により
増加するおそれがある。

2 併用により低血糖が起こった場合には
砂糖を摂取するように患者に伝える。

3 ボグリボースとの併用は禁忌なので
疑義照会が必要である。

4 飲み忘れを防止するために
食後服用への変更も可能である。


問219(物理・化学・生物)
糖尿病では血糖値の異常がおこる。
グルコース代謝に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 血糖値は
筋肉から血中へグルコースが
放出されることにより維持される。

2 インスリンは
血液から筋肉へのグルコースの
取り込みを促進させ、血糖値を低下させる。

3 筋肉中で嫌気的代謝により生成した乳酸は
肝臓に運ばれてグルコースに変換される。

4 飢餓時には、肝臓でタンパク質が分解され
生成したアラニンが筋肉へ運ばれ
グルコースに変換される。

5 筋肉でのグリコーゲンの合成と分解は
肝臓とは異なり、同一の酵素によって触媒される。





問220-221 
55歳男性。
現在、統合失調症の治療のため
ピモジド製剤を服用中で、コントロール良好である。

健康診断(人間ドック)にて
混合型脂質異常症及び萎縮性胃炎との診断を受けた。
ピロリ菌(Helicobacter pylori)感染の疑いがあり
精査したところ陽性であった。

そこで
脂質異常症の治療及びピロリ菌の除菌をすることになり
以下の処方せんを持って薬局を訪れた。

(処方1)
プラバスタチンNa錠10mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回夕食後14日分

(処方2)
イコサペント酸エチルカプセル300mg 1回2カプセル(1日6カプセル)
1日3回朝昼夕食前14日分

(処方3)
ランソプラゾールカプセル30mg 1回1カプセル(1日2カプセル)
アモキシシリンカプセル250mg 1回3カプセル(1日6カプセル)
クラリスロマイシン錠200mg 1回1錠(1日2錠)
1日2回朝夕食後7日分


問220(実務)
この処方せんを受け取った薬剤師が
疑義照会すべき内容はどれか。2つ選べ。

1 プラバスタチンNa錠の用法

2 イコサペント酸エチルカプセルの用法

3 ランソプラゾールカプセルと
イコサペント酸エチルカプセルの相互作用

4 アモキシシリンカプセルと
プラバスタチンNa錠の相互作用

5 クラリスロマイシン錠とピモジド製剤の相互作用


問221(物理・化学・生物)
ピロリ菌は、菌に特徴的な代謝反応を利用して
胃内で生存することができる。
の反応は、菌による感染の診断法として用いられている。
この代謝反応はどれか。1つ選べ。

1 L-グルタミンから
L-グルタミン酸とアンモニアを生成する反応

2 ホスホエノールピルビン酸とADP から
ピルビン酸とATP を生成する反応

3 尿素からアンモニアと二酸化炭素を生成する反応

4 L-アルギニンから
尿素とL-オルニチンを生成する反応

5 アセチルCoA とオキザロ酢酸から
補酵素A(CoA)とクエン酸を生成する反応




問222-223 
46歳男性。体重90kg。
足の親指が痛みだしたので、近医を受診したとこ
ろ、痛風と診断されフェブキソスタット製剤が処方された。


問222(物理・化学・生物)
フェブキソスタットの作用点としての
生体内代謝反応はどれか。1 つ選べ。


問223(実務)
今回の処方薬との相互作用が問題となるものはどれか。
1 つ選べ。

1 アザチオプリン
2 テプレノン
3 イミプラミン塩酸塩
4 タムスロシン塩酸塩
5 ジゴキシン





問224-225 
性ホルモンは
互いに類似の構造を有する
ステロイドホルモンである。

様な生理作用をもち
体毛の発育にも影響をおよぼす。


問224(物理・化学・生物)
性ホルモンに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 下図のホルモンAがテストステロン
ホルモンBがエストラジオールである。

2 ホルモンAは、ホルモンBに
アロマターゼが作用して合成される。

3 テストステロンは
精巣のセルトリ細胞により
産生・分泌される。

4 テストステロンは
タンパク質同化作用があり
骨格筋を発達させる。

5 エストラジオールは
骨吸収を促進して骨のリモデリングを活性化する。


問225(実務)
国際大会出場予定の男子レスリング選手が
ヒゲを濃くする成分を含有した塗り薬が
あることを友人から聞いて来局した。

選手なので強そうな風貌になりたいとのことであった。
この薬局の薬剤師が
顧客に十分な説明をした上で
とるべき対応として最も適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 テストステロンを含有する
軟膏を販売した。

2 エストラジオールを含有する
軟膏を販売した。

3 ミノキシジルを含有する
ローション剤を販売した。

4 ヒドロコルチゾン酢酸エステルを含有する
クリームを販売した。

5 男性ホルモンを主成分とした軟膏はあったが
販売しなかった。