問100-91 解説





問91
分子間相互作用に関する記述のうち、
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 酸素原子の電気陰性度は
硫黄原子より大きいため
分子間に働く水素結合は 
H2O の方が H2S よりも強い。

2 静電的相互作用による
ポテンシャルエネルギーは
距離の 2 乗に反比例する。

3 分散力は、ロンドン力とも呼ばれ
そのポテンシャルエネルギーは
距離の 4 乗に反比例する。

4 ファンデルワールス相互作用は
分子間の距離により
引力として働く場合と
斥力として働く場合がある。

5 疎水性相互作用は
ファンデルワールス相互作用により
説明される。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。



選択肢 2 ですが
静電的相互作用(クーロン相互作用)による
ポテンシャルエネルギーは
距離に反比例します。
距離の 2 乗に反比例するわけでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
ロンドン力によるポテンシャルエネルギーは
距離の 6 乗に反比例します。
距離の 4 乗に反比例するわけでは、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
疎水性相互作用は
周囲の水の水素結合ネットワークへの影響を
小さくするようにしている、と説明されます。
ファンデルワールス相互作用で説明される
わけではありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。