問100-96 解説





問96 
紫外可視吸光度測定法に関する
次の記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。

ただし図のように
測定に用いた単色光の入射光の強さを I0 
透過光の強さを I とする。



1 透過度 t は t = I/I0 で表される。

2 透過度 t と吸光度 A の間には、A = 2 - log t の関係がある。

3 層長を 2 倍にすると、透過度 t は 2 倍になる。

4 試料溶液が十分に希薄な場合
濃度を 2 倍にすると吸光度 A は 2 倍になる。

5 吸光度の単位は cd (カンデラ)である。




選択肢 1 は、その通りの記述です。
「透過度」 と 「吸光度」 を 
区別することが重要です。

ちなみに、吸光度の定義は
透過度の逆数の、常用対数をとったもの です。



選択肢 2 ですが
透過度と吸光度の間には
という関係が成り立ちます。
A = 2 - log t は、成り立ちません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
層長を 2 倍にしたら 2 倍になるのは
吸光度です。
透過度では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、その通りの記述です。



選択肢 5 ですが
吸光度の単位はありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。


ちなみに cd は、光度の単位です。



以上より、正解は 1,4 です。