問100-98 解説





問98
キャピラリー電気泳動に関する
次の記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 中性の電解質溶液を満たした
フューズドシリカ製キャピラリーの内壁は
シラノール基の解離により
正電荷を帯びる。


2 フューズドシリカ製キャピラリーと
中性の緩衝液を用いて
電気泳動を行うと

陰イオン性物質は
中性物質よりも速く泳動される。


3 ミセル動電クロマトグラフィーでは
泳動液に
イオン性界面活性剤を添加することで
中性物質の分離が達成される。


4 キャピラリーゾーン電気泳動では
泳動液の pH が高いほど
中性試料成分の泳動速度が遅くなる。


5 キャピラリーゲル電気泳動で
DNA を分離すると
サイズの小さなものから順に検出される。



選択肢 1 ですが
シラノール基(Si-OH)が 解離して
Si-O となるため、負電荷を帯びます。
正電荷では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
キャピラリー電気泳動では
陽極から陰極への流れが生じます。

そのため、陽イオン性物質が
中性物質よりも速く泳動されます。
陰イオン性物質は
中性物質よりも遅く泳動されます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
キャピラリー電気泳動で、分離の難しい
複数の中性物質の分離を可能にするのが
ミセル動電クロマトグラフィーです。



選択肢 4 ですが
泳動液の pH が高いと
シラノール基がより解離します。

解離した負電荷に引きつけられた
溶液中の陽イオンが、電圧をかけることで
一気に陰極へ流れることで
溶液全体が陰極へと流れるというのが
電気浸透流の実体です。

つまり
pH が高いほど、解離した負電荷が多い
→引きつけられる陽イオンも多い
→電圧をかけた時の流れは速くなる

といえます。


そして、中性物質の移動速度は
電気浸透流の流速とほぼ等しいと考えられるため
泳動速度は速くなります。
遅くはなりません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,5 です。