問100-99 解説





問99 
液体クロマトグラフィーを用いた
鏡像異性体の分離法には
キラル固定相法
キラル移動相法
ジアステレオマー誘導体化法がある。

各法に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。


1 キラル移動相法では
分析対象物に対する対掌体を
移動相溶液に添加して
エナンチオマ一分離を行う。

2 ジアステレオマー誘導体化法は
誘導体化により
通常の分配クロマトグラフィーで
分離することを目的とする。

3 あるラセミ混合物を分離したとき
異性体間のピークの分離度(Rs)は
1.2であった。
このとき、2つのピークは
完全分離しているといえる。

4 キラルカラムに固定化される
光学活性な高分子として
多糖類誘導体やタンパク質が
広く用いられている。



選択肢 1 ですが
キラル移動相法とは
移動相中に
光学活性な化合物(キラルセレクター)を添加し

固定相に吸着させ
分析対象物との相互作用を介し
エナンチオマーの分離を行う方法です。

加えるのは、キラルセレクターです。
(多糖誘導体など、様々なセレクターが開発されています。)
分析対象物に対する対掌体を加えるわけでは
ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
ピークが完全分離している とは
分離度が 1.5 以上を意味する と
日本薬局方で定義されています。
1.2 では、完全分離とはいえません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 2,4 です。