薬剤 (必須)



問41
弱酸性藥物の単純拡散による
消化管吸収に及ぼす
管腔内 pH の影響として正しい記述はどれか。
1つ選べ。

ただし、藥物は全て溶解しているものとする。


1 pH が低下すると分子形分率が低下し、吸収が増加する。
2 pH が低下すると分子形分率が低下し、吸収が減少する。
3 pH が低下すると分子形分率が上昇し、吸収が増加する。
4 pH が低下すると分子形分率が上昇し、吸収が減少する。
5 pH の変化によって、吸収は変化しない。


正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問42 血液脳脊髄液関門の実体を形成している細胞はどれか。
1つ選べ。

1 神経細胞
2 毛細血管内皮細胞
3 脈絡叢上皮細胞
4 アストロサイト
5 周皮細胞


正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問43
グルクロン酸抱合反応に関する記述のうち
誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 UDP - グルクロン酸転移酵素により触媒される。
2 シトクロムP450による酸化的代謝物にのみ起こる。
3 UDP-グルクロン酸が必要である。
4 薬物のフェノール性水酸基にも起こる。
5 主に細胞のミクロソーム画分に活性がある。


正解 2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問44
腎尿細管上皮細胞刷子縁膜に存在し
藥物の尿細管分泌に関与する
一次性能動輸送体はどれか。
1つ選べ。


1 H+/ペプチド共輸送体
2 Na+,K+ - ATPase
3 H+/有機カチオン逆輸送体
4 Na+/グルコース共輸送体
5 P-糖タンパク質


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問45 プロベネシドの併用によって
メトトレキサートの血中からの消失が
遅延する主要な原因はどれか。
1つ選べ。


1 肝代謝の阻害
2 肝取り込みの阻害
3 血漿タンパク結合の阻害
4 脳移行の阻害
5 腎排泄の阻害


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。




問46 藥物の経口投与時における
バイオアベイラビリティを増加させるのはどれか。
1つ選べ。

1 消化管内での溶解性の低下
2 小腸上皮細胞における膜透過性の低下
3 小腸上皮細胞における薬物代謝酵素の誘導
4 肝臓における薬物代謝酵素の阻害
5 肝臓における胆汁中排泄の促進


正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問47 
体内動態が
線形 1 - コンパートメントモデルに
伴う藥物において
全身クリアランスと分布容積が
ともに 2 倍に上昇すると
消失半減期はどうなるか。
1つ選べ。

1 4 倍になる。 
2 2 倍になる。
3 変化しない。
4 1/2 倍になる。
5 1/4 倍になる。


正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問48 藥物の経口投与量と
血中濃度時間曲線下面積(AUC)
の関係が下図のようになる理由として
最も適切なのはどれか。
1つ選べ。



1 消化管吸収の飽和
2 消化管代謝の飽和
3 肝代謝の飽和
4 胆汁排泄の飽和
5 腎排泄の飽和


正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。



問49 一般に、藥物粉末の粒子径が小さいほど
藥物の溶解速度が大きくなる理由として
最も適切なのはどれか。
1つ選べ。


1 飽和溶解度の増大
2 比表面積の増大
3 粒子表面の拡散層の減少
4 薬物分子の拡散係数の増大
5 飽和層と内部溶液の薬物濃度差の減少


正解 2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問50 20 ℃の条件下で、表面張力が最も大きいのはどれか。
1つ選べ。


1 エタノール
2 クロロホルム
3 グリセリン
4 水
5 ベンゼン


正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問51 粉体の流動性を表す指標として
最も適切なのはどれか。
1つ選べ。


1 真密度
2 安息角
3 比表面積
4 形状係数
5 接触角


正解 2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問52 ニュートン流体のせん断速度を縦軸に
せん断応力を横軸になるよう
図を作成した。

得られた図に関する記述のうち
正しいのはどれか。1つ選べ。


1 粘度が大きいほど、直線の傾きは大きくなる。
2 縦軸との切片は降伏値を表す。
3 曲線はチキソトロピーを表す。
4 原点を通り、下に凸の曲線となる。
5 原点を通る直線となる。


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問53 カールフィッシャー法を用いて測定するのはどれか。
1つ選べ。


1 沈降速度
2 表面張力
3 水分
4 電気伝導率
5 密度


正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問54 以下の添加剤のうち、崩壊剤として
用いられるのはどれか。
1つ選べ。


1 カルメロースカルシウム
2 ヒプロメロースフタル酸エステル
3 乳酸・グリコール酸共重合体
4 エチルセルロース
5 ステアリン酸マグネシウム


正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問55 生体に投与後、長時間 0 次放出を示す
製剤はどれか。1つ選べ。


1 腸溶性高分子コーティング顆粒
2 胃溶性高分子コーティング顆粒
3 腸溶性高分子固体分散体顆粒
4 ワックスマトリックス型錠剤
5 浸透圧ポンプ型錠剤


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。