問100-41 解説




問41
弱酸性藥物の単純拡散による
消化管吸収に及ぼす
管腔内 pH の影響として正しい記述はどれか。
1つ選べ。

ただし、藥物は全て溶解しているものとする。



1 pH が低下すると分子形分率が低下し、吸収が増加する。
2 pH が低下すると分子形分率が低下し、吸収が減少する。
3 pH が低下すると分子形分率が上昇し、吸収が増加する。
4 pH が低下すると分子形分率が上昇し、吸収が減少する。
5 pH の変化によって、吸収は変化しない。



単純拡散である ということは
分子形がより通過する ということです。

(脂質二重膜 を単純に通過する時は
脂溶性の物質が通過しやすい。
また、イオン形は、水溶性 であるからです。)


そして、弱酸性薬物である ということは
HA という構造を持ち
電離度がそれほど高くはない ということです。
(CH3COOH のような薬物である と
考えるとよいです。)

このような薬物は
周囲のpHが低くなる、つまり
周囲の H+ 濃度が高くなる と
自分は  「H+ + A」 の形に解離しにくくなります。
(周りに H+がいっぱいあるのに
わざわざ増やす必要がないから)

いいかえると、pH が低くなるほど
薬物の分子形の割合が上昇します。


以上をふまえて、各選択肢を検討します。



選択肢 1,2 ですが
pH 低下で分子形分率は、上昇します。
低下では、ありません。


よって、選択肢 1,2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが
分子形分率上昇すると、膜通過しやすくなるため
吸収は増加します。
吸収が減少では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
pH が変化すると、分子形分率が変化し
吸収も変化します。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3 です。