問100-42 解説





問42 血液脳脊髄液関門の実体を形成している細胞はどれか。
1つ選べ。

1 神経細胞
2 毛細血管内皮細胞
3 脈絡叢上皮細胞
4 アストロサイト
5 周皮細胞



血液脳脊髄液関門の実体は
脈絡叢上皮細胞です。


よって、正解は 3 です。



以下は補足です。


そもそも
脳への薬物移行に関する重要な事項は
『血液脳関門』です。


すなわち
血中薬物のような異物が、脳にだだ漏れだと
脳の機能が維持できません。

そこで、そもそも漏れ出ることがないように
脳の毛細血管は、内皮細胞がぎゅっと詰まっていて
変なものがもれないような構造になっています。

これが、『血液脳関門(BBB)』です。



しかし
脈絡叢という、脳脊髄液が産生される部分では
この毛細血管が、すかすかなのです。

すると、血中薬物→脳脊髄液→脳 という薬物の流れが
成立してしまい、BBBがあっても意味がないのではないか
という話になってしまいます。

そこで、脈絡叢にも関門があります。
その関門が、何と何を遮っているかといえば
血液と、脳脊髄液なので
『血液脳脊髄液関門(BCSFB)』 と呼ばれます。

BCSFBの実体は、脈絡叢の外側
つまり、脈絡叢上皮細胞となります。


「血管の、内皮細胞 が BBB」
「脈絡叢の、上皮細胞が BCSFB」 という所を
間違いなく思い出せるようにするとよいと
思います。