問100-43 解説





問43
グルクロン酸抱合反応に関する記述のうち
誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 UDP - グルクロン酸転移酵素により触媒される。
2 シトクロムP450による酸化的代謝物にのみ起こる。
3 UDP-グルクロン酸が必要である。
4 薬物のフェノール性水酸基にも起こる。
5 主に細胞のミクロソーム画分に活性がある。



グルクロン酸抱合反応は
代謝の第 2 相反応 の1つです。

小胞体(ミクロソーム)において行われ
補酵素として、UDP-α-グルクロン酸が必要です。

反応を触媒するのは
グルクロン酸転移酵素(UGT)
です。

-OH、-SH、-NH2、-COOH
などの官能基に、グルクロン酸が転移されます。


参考 グルクロン酸の構造

グルコースと類似している点 と
カルボキシル基(COOH)がある点を
意識しておくとよい と思います。)


以上をふまえて、以下、各選択肢を検討します。



選択肢 1 は、正しい記述です。


選択肢 2 ですが
シトクロムP450による酸化的代謝物 とは
第 1 相反応を受けた物質 ということです。

第 1 相、第 2 相 というのは
反応の分類です。

分子量が大きく増加するかどうか で
分類されます。(第 2 相が、大きく増加。)

第 1 相反応を受けた物質でなければ
第 2 相を受けない ということは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ~ 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 2 です。