問100-47 解説





問47 
体内動態が
線形 1 - コンパートメントモデルに
伴う藥物において
全身クリアランスと分布容積が
ともに 2 倍に上昇すると
消失半減期はどうなるか。
1つ選べ。

1 4 倍になる。 
2 2 倍になる。
3 変化しない。
4 1/2 倍になる。
5 1/4 倍になる。


CL = ke × Vd  

・CL・・・全身クリアランス
・ke ・・・排出速度定数
・Vd ・・・分布容積

という関係より
CL、Vd が共に 2 倍になると
ke が変化しない、ということがわかります。


そして
半減期を T1/2 と表して
『T1/2 = ln2/ke』 と表されるのですが
ke が変化していないのであれば
T1/2 も変化しません。


以上より、正解は 3 です。


cf ちなみに、ln2 は
国家試験においては
0.7 と近似して、全く問題ありません。
計算問題などは、ぜひ 0.7 で計算することを
おすすめします。