問100-48 解説





問48 藥物の経口投与量と
血中濃度時間曲線下面積(AUC)
の関係が下図のようになる理由として
最も適切なのはどれか。
1つ選べ。





1 消化管吸収の飽和
2 消化管代謝の飽和
3 肝代謝の飽和
4 胆汁排泄の飽和
5 腎排泄の飽和



経口投与量を増やしていくというのは
イメージとしては、薬の錠剤を
今日は1錠→明日は2錠→明後日は3錠・・・
と増やしていくということです。


すると、ある程度以上錠数を増やすと
薬が消化管で溶けきれなくなることが
想像できます。

消化管で溶けきれないと
そのまま排泄されてしまうのですから
経口投与量を増やしても、ある程度以上
体内における薬物濃度は上昇しない
ということになります。


そして、AUC というのは
横軸に時間、縦軸に血中濃度をとった時の面積 ですので
血中濃度が上がらなくなると、AUC も上がらなくなります。
以下がイメージです。
(数字は適当です。)


以上より
AUC が図のように、つまり頭打ちになる理由は
消化管で薬が溶けきれなくなることです。
これは、いいかえると、消化管吸収の飽和です。


従って、正解は 1 です。