問100-166 解説





問166 
薬物の吸収に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 口腔粘膜から吸収される薬物は
肝初回通過効果を回避できるが
小腸と比較して口腔の粘膜が非常に厚いため
速やかな吸収が期待できない。

2 肺からの薬物吸収は
一般に、Ⅰ型肺胞上皮細胞を介した
単純拡散によるものである。

3 皮膚の角質層の厚さには部位差があることから
薬物の経皮吸収も部位により大きく異なることがある。

4 鼻粘膜は、主に吸収を担う
多列繊毛上皮細胞が密に接着していることから
リアー機能が高く、一般に薬物吸収は不良である。

5 坐剤の適用は、即効性は期待できるものの
経口投与時と同程度に肝初回通過効果を受ける。



選択肢 1 ですが
口腔粘膜からの吸収は
肝初回通過効果を回避し、速やかに行われます。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
胃での分解を避けるために
点鼻薬を用いることがあることなどをふまえると
一般に薬物吸収が不良であるとは
いえないと考えられます。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
坐剤を使用すると
直腸下部(おしりに近い方)からの吸収において
肝初回通過効果を避ける事ができます。

(直腸上部からの吸収は
肝初回通過効果を受けます。)

ちなみに
吐き気止めであるナウゼリン坐剤や
解熱薬であるジアゼパム坐剤などが
代表的な薬です。



よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。