問100-168 解説





問168 
肝臓で一部が代謝され
一部は未変化体のまま胆汁排泄される薬物について
その肝クリアランスが低下する要因となり得るのはどれか。
2 つ選べ。

1 心拍出量の増大
2 血中タンパク結合の阻害
3 肝取り込みの阻害
4 肝代謝酵素の誘導
5 胆汁排泄の阻害



肝クリアランスは
血流量 Q × 抽出率 Eh  で表されます。

(これは、覚えている必要はなくて
「肝クリアランス=肝臓でどれくらい薬物が除かれるか」 であり
薬物を運んでくるのは血液だから、Q に比例 して
肝臓が薬をどれだけ取り除くかが抽出率 
と考えれば思い出せるのではないでしょうか。

ちなみに
抽出率 は、より具体的に考えると
肝代謝酵素 だったり
血中タンパク質との薬物の結合が関与します。
それらを含んだ式も見たことがあると思います。)



選択肢 1 ですが
心拍出量が増加すると
心臓がバクバク動くので
血流量が増加すると考えられます。

すると、肝臓へ流れ込む血液量も増加し
肝臓へ流れ込む薬物量も増加します。
よって、肝クリアランスは増加すると考えられます。
低下する要因では、ありません。


イメージとしては 
舞台がスーパーなどのお会計で
肝臓を、「レジ」
血液を、「レジに並ぶ人」
薬を、「人が持っているカゴの中身」 
肝クリアランスを、「レジで商品バーコードをスキャンした量」 
とたとえまして

レジに並ぶ人(=血液量)がどんどん増えてくれて
レジがフル回転して
どんどんカゴの中身をスキャンすることができ
スキャンした商品の量、すなわち肝クリアランスは
増加するというイメージです。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
血中タンパク結合の阻害 がおきると
薬物は血中でフリーになります。
すると、肝臓へとより分布するので
肝クリアランスは増加すると考えられます。
低下する要因では、ありません。


イメージとしては
先のレジのたとえに加えて
「商品が、盗難防止目的で
棚から取り出せなくなっている状態」が
血中タンパク質と結合している薬物 
と考えるとよいかもしれません。

血中タンパク結合が阻害される とは
店員さんを呼んで商品をわざわざ
取り出してもらわなくても大丈夫になる
→商品をさくさくとれる
→どんどんとってレジにもっていける
→レジにもっていく商品の量が多くなる
→スキャンする商品の量が多くなる というイメージです。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。


肝取り込みが阻害されるとは
先のたとえでいうと
数台あるレジのうち、何台かにおいて
レジトラブルがおきた ようなものです。

急にこむし、流れは滞って
スキャンする商品の量は減少する イメージです。



選択肢 4 ですが
肝代謝酵素が誘導されると
肝臓でどんどん薬が代謝されるようになり
肝クリアランスは増加すると考えられます。
低下する要因では、ありません。


先のたとえでいうと
レジ応援がいっぱいきてくれて
各レジに2人ついてくれて
がんがんスキャンしてくれて
スキャンする商品の量は増加する イメージです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。

胆汁排泄の阻害がおきるとは
先のたとえに加えて
レジスキャンしないで、テープだけ貼って処理する
ドリンクの箱ケース買い が
胆汁排泄であると考えるとよいかもしれません。
(この場合は、テープを貼れば
スキャンした商品の量に加わっていると考えます。)

そして、阻害がおきるとは
ちょうどテープが切れてしまい、わたわたしている状態のようなものです。

ひとまず
他の商品はスキャンして通すことができますが
ドリンクが処理できず
全体としては、スキャンする商品の量が減少します。



以上より、正解は 3,5 です。