問100-169 解説





問169 
新生児・小児の薬物動態に関する
記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 新生児では成人に比べ
体重当たりの総体液量が多いので

水溶性薬物であるセフェム系抗生物質などは
体重当たりの投与量が
成人より多めに設定されることが多い。

2 新生児の体表面積当たりの
糸球体ろ過速度は成人の20~ 30%であり
成人と同程度になるには5~7年を要する。

3 フェニトイン代謝能は、生後、急激に上昇する。

4 一般に、硫酸抱合と比較して
グルクロン酸抱合代謝能の発達は早い。

5 1~3歳児における
テオフィリンの体重当たりのクリアランスは
成人より低い。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。
赤ちゃんの方が
みずみずしくプリっとしていることから
前半の記述(体重当たりの体液量が多い)を
イメージするとわかりやすいかもしれません。



選択肢 2 ですが
新生児の糸球体ろ過速度は
生後半年弱で成人と同程度になります。
5~7年は要しません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
硫酸抱合と、グルクロン酸抱合が逆です。

新生児の抱合能に関して
グルクロン酸抱合能の発達は遅い という点を
特に意識して覚えておくとよいです。

(サリチル酸やアセトアミノフェンが
成人では、グルクロン酸抱合体として排泄されるが
10歳未満では、硫酸抱合体として排泄される
といった違いに反映されます。)


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
低いではなく、高いです。

小児の方が代謝活性が高い
代表的な薬物として
フェノバルビタール、フェニトイン
カルバマゼピン、テオフィリンなどがあります。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。