問100-172 解説





問172 
治療薬物モニタリング(TDM)に活用されている
母集団薬物速度論に関する記述として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 1点の血中濃度測定値から
その患者の薬物動態パラメータが推定できるの
母集団パラメータを事前情報として用いるからである。

2 母集団薬物速度論は
個体内変動の要因解析に利用されることも多い。

3 母集団薬物速度論は普遍性が高いため
同種同効薬であれば、同じ母集団パラメータを適用できる。

4 母集団薬物速度論を用いても
薬物投与後の血液採取時間に関する情報がなければ
患者の薬物動態パラメータの推定は不可能である。

5 体重や腎機能は個々の患者によって異なるため
母集団薬物速度論モデルに組み込んでも
薬物動態の予測精度は向上しない。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

本来、パラメータの数だけ、血中濃度を測定しないと
変数に対して、式が足りないのですが
母集団パラメータを事前情報として用いることで
採血1回で推定を行うことができ、患者負担を軽減できます。



選択肢 2 ですが
母集団薬物速度論とは
多数の患者のデータを収集した上で
集団における平均的な薬物動態パラメータを元にした
考え方です。

従って、個体内ではなく
集団に関する変動の要因解析に
用いられる方が妥当であると考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りであると考えられます。



選択肢 3 ですが
薬が違えば、同種同効薬であったとしても
薬物動態パラメータは異なると考えられます。

(同じCa拮抗薬でも
肝代謝メインだったり、腎代謝メインだったりすることから
推測できると考えられます。)


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、その通りの記述です。

イメージとしては
座標中の1点が与えられれば
グラフが書ける というのが母集団速度論ですが

採取時間が与えられないと、x 座標が不明となり
血中濃度= y 座標 のみでは
1点を指定できないため、パラメータ推定は不可能です。



選択肢 5 ですが
個体間変動をより詳細に予測することが可能になると
考えられます。


具体例を考えると、薬を投与して
1分後の血中濃度が A:10,B:20,C:30 で、平均が20 とします。
2分後の血中濃度が A:9.5、B:18、C:2.5 で、平均が10 とします。

A~C3人の体重がそれぞれ 
200kg, 180kg,50kg であるとします。


この情報を組み込まずに動態を予測すると
1分後の血中濃度が 20 なら
きっと 2 分後 10 だろう となります。

しかし、体重をモデルに組み込んだ上で
サンプルの体重が 50kg で、1分後の血中濃度が20だとすれば
もっと血中濃度が下がっているのではないか と考えられ
予測の精度は向上すると考えられます。


よって、選択肢 5 は誤りであると考えられます。



以上より、正解は 1,4 です。