問100-173 解説





問173 
薬物の溶解及び放出に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 結晶多形間で異なる溶解速度を示すのは
各々の固相における化学ポテンシャルが
異なるためである。

2 Higuchi 式において
単位面積当たりの累積薬物放出量の平方根は
時間に比例する。

3 球体である薬物粒子が
形状を維持したまま縮小しながら溶出する時の
溶解速度定数は、Hixson-Crowell 式を用いて算出できる。

4 回転円盤法により
固体薬物の表面積を経時的に変化させて溶解実験を行い
Gibbs 式を用いることで薬物の溶解速度定数を算出できる。



選択肢 1 は、正しい記述です。
化学ポテンシャルが高い多形の方が
溶解速度が速いです。



選択肢 2 ですが
Higuchi の式は、以下のように表されます。


※Q:単位面積当たりの累積薬物放出量
※D:拡散定数
※A:マトリックス中の薬物の全濃度、Cs:溶解度
※t:時間

従って、単位面積当たりの累積薬物放出量が
時間の平方根に比例します。

単位面積当たりの累積薬物放出量の平方根が
時間に比例する わけでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。

Hixson - Crowell 式は、以下のように表されます。


※W0:固体粒子の初期質量
※W:時間tにおける固体粒子の質量
※k:みかけの溶解速度定数


選択肢 4 ですが
回転円盤法を用いる理由は
溶解する固体の表面積を一定にするためです。
表面積を経時的に変化させて では、ありません。
また、用いる式は、Noyes - Whitney 式 です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。