問100-174 解説





問174 
界面活性剤に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 イオン性界面活性剤において
アルキル鎖が長くなるほどクラフト点は低くなる。

2 親水性親油性バランス(HLB)値が
小さい界面活性剤ほど、疎水性が高い。

3 HLB 値が3.7 の界面活性剤 2g と
HLB 値が11.5 の界面活性剤 1g を混合して得た
界面活性剤のHLB 値は、7.6である。

4 イオン性界面活性剤水溶液のモル電気伝導率は
臨界ミセル濃度以上で急激に減少する。

5 臨界ミセル濃度以上では
界面活性剤分子はミセルを形成するため
単分子として溶解しているものはない。



選択肢 1 ですが
クラフト点は、炭素数が多いほど
つまり、アルキル鎖が長いほど、高くなります。

アルキル鎖が長くなるほど
クラフト点が低くなるわけでは、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
3.7 × 2/3 + 11.5 × 1/3 
= 6.3 です。

7.6 では、ありません。
(7.6 という数字は、単純に 3.7 と 11.5 の平均を
ひっかけ数字として用いたと思われます。)


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
単分子で溶解しているものも存在すると
考えられます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,4 です。