問100-175 解説





問175
 高分子及びその溶液に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 線状高分子は
良溶媒中で収縮してコイル形状となる。

2 マクロゴール20000
(分子量20,000のポリエチレングリコール)は
室温で水に不溶である。

3 毛細管粘度計は
非ニュートン流体の粘度測定に適する。

4 高分子溶液の極限粘度から
高分子の平均分子量を求めることができる。

5 Voigt 粘弾性の力学的モデルでは
応力一定のとき、ひずみは時間と共に増大
一定の値に収束する。



選択肢 1 ですが
良溶媒中では、溶媒分子が
ごちゃっとからまっている高分子の間に入り込み
分子をぐいっとひきのばします。(膨潤)
その結果、鎖状となります。

収縮して、コイル形状になるわけではありません。
(貧溶媒中に関する記述であると考えられます。)


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
マクロゴールは、水に可溶です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
毛細管粘度計は、ニュートン流体にのみ用いられます。
非ニュートン流体の測定には適しません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4,5 は、その通りの記述です。

ちなみに、Voigt (フォークト) モデルとは
ばねとダッシュポットが並列に結合したモデルのことです。



以上より、正解は 4,5 です。