問100-178 解説





問178 
下図は、乾燥工程中における
乾燥時間と試料温度及び
試料の含水率との関係を表している。

乾燥に関する以下の記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。



1 乾燥初期の期間(Ⅰ)では
試料温度の上昇にエネルギーが消費されるので
乾燥速度は低下する。

2 試料の含水率は
全乾燥工程中、直線的に減少する。

3 期間(Ⅱ)では
加える熱量と水分の蒸発に伴う気化熱が等しくなり
乾燥速度及び試料温度はほぼ一定となっている。

4 限界含水率より含水率が低くなる期間(Ⅲ)では
試料温度が上昇しても、乾燥速度は低下する。

5 乾燥終了時には
含水率は0%になっている。



選択肢 1 ですが
期間Ⅰのグラフに注目すると
少しわかりにくいのですが、上に凸で、減少しているように
見えます。

上に凸ということは、だんだん含水率の減少速度が
速くなっている、ということです。

含水率の減少する速度とは
まさに乾燥速度です。

以上より
乾燥速度は、期間Ⅰにおいて、上昇しています。
低下では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが、期間Ⅰ、及びⅢを見ると
グラフがぐにゃっと曲がっており
含水率が全期間で直線的に減少している
ということは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
含水率は、横軸とは交わっていません。
従って、含水率は 0 % にはなっていません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。