問100-179 解説





問179 
滅菌に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 最終滅菌法を適用できる医薬品には
通例、10-4 以下の無菌性保証水準が得られる条件で
滅菌が行われる。

2 通常、医薬品の分解における活性化エネルギーは
滅菌の活性化エネルギーに比べて大きい。

3 加熱滅菌における微生物の死滅は
見かけ上2次速度過程となる。

4 発熱性物質(パイロジェン)は
250℃、30分以上の乾熱滅菌で破壊される。

5 医療器具や衛生材料の滅菌には
酸化エチレンガスが広く用いられる。



選択肢 1 ですが
最終滅菌法では、10 -6 以下の無菌性保証水準が
採用されます。
10 -4 では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
滅菌の活性化エネルギーの方が大きいです。

医薬品の多くは
室温保存でも、しばらくたてば
ある程度分解することを考えれば
活性化エネルギーは
それほど高くないと考えられます。

一方、菌をほっておいて、熱で分解される
イメージはあまりないのではないでしょうか。
そこから「滅菌の活性化エネルギー」は
かなり高いと、判断できると考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
見かけ上、1次速度過程となります。
2次速度過程では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4,5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 4,5 です。