薬剤 (実践)





問266-267 
65歳女性。
老年内科を受診、骨粗しょう症と診断され
下記の処方が出された。

(処方)
リセドロン酸 Na 錠 17.5 mg 
1回1錠(1日1錠)
毎週水曜日 起床時4日分 (投与実日数)


問266(実務)
薬剤師が行う服薬指導の内容として
適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 180mL 程度の十分な量の水と一緒に
服用するよう指導した。

2 噛んだり、口中で溶かしたりせずに
服用するよう指導した。

3 起床後、食事を摂ってから
服用するよう指導した。

4 服用を忘れた場合には
気がついたときにすぐ服用するよう指導した。





問267(薬剤)
この患者は、日常的に
牛乳を飲用していることがわかった。

リセドロン酸Na錠
牛乳による服用についての記述のうち
正しいのはどれか。 1つ選べ。

1 牛乳中の油脂成分により
リセドロン酸の溶解が促進され、良好に吸収される。

2 牛乳中の油脂成分により
胃粘膜が保護されるので、服用後、すぐに横になって良い。

3 リセドロン酸は、牛乳中の
カルシウムイオンとキレートを形成するので
吸収が低下する。

4 カルシウム補給のためにも
牛乳での服用が推奨されている。

5 リセドロン酸は、牛乳中の成分とは
特に相互作用しないので
水で服用した場合と比べて、吸収に違いは認められない。





問268-269 
35歳女性。
妊娠初期に妊娠糖尿病と診断され
食事療法を行っていたが
糖コントロールが不良となったため
薬物療法の開始が検討された。


問268(実務)
この患者に用いる薬物として
最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

1 アカルボース
2 ヒトインスリン(遺伝子組換え)
3 シタグリプチンリン酸塩水和物
4 ナテグリニド
5 メトホルミン塩酸塩


問269(薬剤)
薬物の胎盤透過に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 一般に、分子量5,000以上の薬物も
透過して胎児へ移行する。

2 胎盤にはP-糖タンパク質が発現し
薬物の胎児への移行を促進している。

3 多くの薬物の胎盤透過は
pH 分配仮説に従う。

4 一般に、母体中の血漿タンパク質結合形薬物は
胎児へ移行しない。

5 一般に、水溶性の高い薬物ほど
胎盤を透過しやすい。





問270-271 
腎移植を受けた患者が退院間近になり
病棟担当薬剤師が退院時服薬指導のために
病室を訪問した。

患者から
「移植コーディネーターから、退院後の食生活で
特にセントジョーンズワートや柑橘類、生魚などの
摂取は控えるように言われているのですが
どのような理由なのでしょうか」との質問があった。

なお、当該患者にはシクロスポリン
処方されている。


問270(実務)
上記の質問に対する薬剤師の回答として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 セントジョーンズワートは
免疫抑制薬の働きを弱める恐れがあるからです。

2 セントジョーンズワートは
免疫抑制薬の血中濃度を高める恐れがあるからです。

3 柑橘類の中には
免疫抑制薬の働きを弱めてしまうものがあるからです。

4 生魚の成分には
免疫抑制薬の働きを強めてしまうものがあるからです。

5 生魚に付着している微生物によって
食中毒を起こす恐れがあるからです。


問271(薬剤)
シクロスポリンの経口投与時の
体内動態および投与設計に関する記述のうち
しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 シクロスポリンの投与量は
腎移植後の日数に関わらず
一定に保つことが推奨される。

2 シクロスポリンの投与設計は
一般にトラフ濃度に基づいて行われる。

3 シクロスポリンによる
腎移植後の拒絶反応の
コントロールが不良の場合は
クロスポリンとタクロリムスの併用を行う。

4 血清クレアチニン値の上昇が
観察された場合は
シクロスポリンによる副作用の可能性があるため
直ちに休薬する必要がある。

5 自己乳化型
マイクロエマルション製剤投与後の
シクロスポリンの消化管吸収
胆汁分泌量や食事の影響を受けにくい。






問272-273 
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
(MRSA)感染症の患者に対し
バンコマイシンが投与されていたが

効果が得られなかったため
テイコプラニンの使用に関して
医師と協議した。

問272(実務)
テイコプラニンの使用上の留意点として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 投与終了1~2時間後の
血中濃度を測定する必要がある。

2 レッドマン症候群を避けるため
30分以上かけて点滴静注する。

3 血中タンパク結合率が低いため
血中アルブミン濃度を考慮する必要はない。

4 バンコマイシンと比べて消失半減期が長いため
負荷投与が必要である。

5 初期投与量は、腎機能に応じて調節する。


問273(薬剤)
テイコプラニンの静脈内投与終了後の
血中濃度推移について

分布終了後の遅い時間(消失相)の
血中濃度データを用いて
線形1-コンパートメントモデルで解析した場合と

初期の分布相のデータも含めて
線形2-コンパートメントモデルで解析した場合では
得られる薬物動態パラメータの値が異なる。

薬物動態パラメータの関係について
正しい記述はどれか。 2 つ選べ。

1 2-コンパートメントモデルから
得られる全身クリアランスは
1-コンパートメントモデルから
得られる値よりも小さい。

2 2-コンパートメントモデルにより
推定される投与終了直後の血中濃度は
1-コンパートメントモデルから
得られる値よりも小さい。

3 2-コンパートメントモデルから
得られる中央コンパートメントの分布容積は
1-コンパートメントモデルから
得られる分布容積よりも小さい。

4 2-コンパートメントモデルから
得られる消失相の半減期は
1-コンパートメントモデルから
得られる半減期よりも短い。

5 2-コンパートメントモデルから
得られる血中濃度時間曲線下面積は
1-コンパートメントモデルから
得られる値よりも小さい。





問274-275 
院内のレジメンを管理する委員会において
制吐薬として用いる薬物について
薬剤師が説明した。

「この薬物は、5-HT3受容体拮抗薬です。
他の5-HT3受容体拮抗薬に比べて
消失半減期が約 42 時間と長く
そのため遅発期の悪心・嘔吐にも効果があります。


問274(実務)
薬剤師が説明した薬物はどれか。1つ選べ。

1 アザセトロン塩酸塩
2 オンダンセトロン塩酸塩水和物
3 グラニセトロン塩酸塩
4 トロピセトロン塩酸塩
5 パロノセトロン塩酸塩


問275(薬剤)
この薬物 0.75mg を
急速静脈内投与するとき
7日後の血中濃度に
最も近い値はどれか。1つ選べ。

ただし、この薬物の体内動態は
線形1-コンパートメントモデルに従うものとし
分布容積は 750L とする。

1 0.25μg/mL
2 0.125μg/mL
3 0.0625μg/mL
4 0.25ng/mL
5 0.125ng/mL
6 0.0625ng/mL





問276-277 
65歳男性。
変形性関節症の治療中であり
以下の薬剤が処方された。

(処方)
ロキソプロフェンNaテープ50mg
(7× 10cm 非温感) 28枚
1日1回右膝に1枚貼付


問276(実務)
本テープ剤の使用に関する記述のうち
誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 原因療法ではなく、対症療法である。

2 アスピリンぜん息の患者に対しては
禁忌である。

3 光線過敏症の既往歴を持つ患者に対しては
禁忌である。

4 湿疹または発疹の部位には使用しない。

5 胃不快感などの消化器症状が現れることがある。


問277(薬剤)
本テープ剤に関する記述のうち
誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

1 室温で保存する。
2 製剤均一性試験法の適用を受ける。
3 溶出試験法の適用外である。
4 膏体は支持体に展延されている。
5 水を含む基剤を用いた貼付剤である。





問278-279 
入院中の5歳女児。体重21kg。
39.0℃の発熱が認められたので
アセトアミノフェン坐剤 200mg が
投薬されることになった。


問278(実務)
アセトアミノフェン坐剤の投薬に関する
記述のうち、誤っているのはどれか。
1 つ選べ。

1 小児に対して
一日当たりの最大用量が決められている。

2 この患児に重篤な肝障害がある場合には
禁忌である。

3 この患児に重篤な心機能不全がある場合には
禁忌である。

4 過度の体温下降が現れることがある。

5 この患児がインフルエンザに
罹患している場合には禁忌である。


問279(薬剤)
本坐剤の基剤には
半合成油脂性基剤である
ハードファット(ウィテプゾール)が用いられている。

ハードファットに関する記述のうち
正しいのはどれか。1 つ選べ。

1 直腸内の水分により速やかに溶解し
主薬を放出する。

2 冷所保存してはならない。

3 飽和脂肪酸のモノ、ジ、トリグリセリドの混合物である。

4 坐剤の成形にプラスチック製容器は使用できない。

5 結晶多形が存在する。





問280-281 
70歳男性。
同居している家族が
インフルエンザを発症したので
予防のために近医を受診したところ
以下の処方が出された。

(処方)
ザナミビル水和物ドライパウダーインヘラー
全20ブリスター
1回2ブリスター
1日1回10日間吸入


問280(実務)
本吸入剤の予防投与に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 ザナミビル水和物の用法・用量は
治療に用いる場合と異なる。

2 感染者と接触後3日目に投与を開始する。

3 投与後異常行動の発現のおそれはない。

4 A型およびB型インフルエンザの
予防に効果がある。

5 ザナミビル水和物の予防効果は
吸入中止後も長期に持続する。


問281(薬剤)
本吸入剤に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 添加されている乳糖粒子は
薬物粒子同士の過度な凝集を抑える働きがある。

2 薬物粒子は
吸入時に効率よく気道に到達する
空気力学径である20μm 前後の粒子径に
設計されている。

3 薬物粒子が吸湿すると流動性が低下するため
防湿性の包装が施されている。

4 吸入時に、薬物粒子が
二次粒子を形成するように設計されている。





問282-283 
75歳男性。
2日前から腹部に痛みを伴う
赤い発疹が認められた。
この発疹は小さな水ぶくれとなり
帯状に広がり、激しい痛みとなった。

近医を受診し、帯状疱疹と診断され
病院に入院となり、以下の薬剤が処方された。

(処方1)
バラシクロビル錠500mg 1回2錠(1日6錠)
1日3回朝昼夕食後7日分

(処方2)
ナプロキセン錠100mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回朝昼夕食後7日分


問282(実務)
上記の処方に対し
病棟薬剤師が注意すべき内容として
最も優先順位が低いのはどれか。
1つ選べ。]

1 バラシクロビルによる精神神経症状の発現

2 肝機能障害時におけるバラシクロビルの用量調節

3 ナプロキセンによる消化性潰瘍の発生

4 ナプロキセンによる気管支ぜん息の誘発

5 ナプロキセンによる浮腫及び高血圧の発現


問283(薬剤)
アシクロビルのプロドラッグである
バラシクロビルに関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 アシクロビルにエチレングリコールを
結合させた化合物で
体内吸収後の血中滞留性は
アシクロビルより優れている。

2 主に肝臓のエステラーゼで加水分解されて
アシクロビルに変換される。

3 経口投与後のアシクロビルとしての
バイオアベイラビリティは
消化管からの吸収率が高まるため
アシクロビル経口投与時のそれより高くなる。

4 経口投与後のアシクロビルとしての
バイオアベイラビリティは
肝臓での代謝を回避できるため
アシクロビル経口投与時のそれより高くなる。





問284-285 
70歳男性。
1年ほど前から
夜間頻尿、残尿感を認めていたので
近くの泌尿器科を受診した。

前立腺肥大症と診断され
以下の薬剤が処方された。

(処方1)
ハルナールD 錠0.2mg(注) 1回1錠(1日1錠)
1日1回朝食後14日分
(注:タムスロシン塩酸塩 0.2mg を含有する
口腔内崩壊錠)


問284(実務)
この患者への指導の内容として
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 この薬は、肥大した前立腺を
直接的に縮小させ症状を改善すると説明した。

2 この薬は、効果が現れるまでに
通常数ヶ月間かかることを説明した。

3 この薬で、めまい、立ちくらみが現れることがあるので
自動車の運転に注意するように指導した。

4 この薬は、口腔内崩壊錠であるが
噛み砕かずに服用するように説明した。


問285(薬剤)
処方された口腔内崩壊錠に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 錠剤表面が
水不溶性高分子でコーティングされている。

2 錠剤表面が
腸溶性高分子でコーティングされている。

3 口腔粘膜からの薬物吸収を
期待した製剤である。

4 滑沢剤として
ステアリン酸塩が添加されている。

5 水に溶け易い糖類が添加されている。