問100-268269 解説





問268-269 
35歳女性。
妊娠初期に妊娠糖尿病と診断され
食事療法を行っていたが
糖コントロールが不良となったため
薬物療法の開始が検討された。


問268(実務)
この患者に用いる薬物として
最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

1 アカルボース
2 ヒトインスリン(遺伝子組換え)
3 シタグリプチンリン酸塩水和物
4 ナテグリニド
5 メトホルミン塩酸塩


問268 解説


選択肢 1 ですが
アカルボースは、妊婦禁忌です。
安全性未確立です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。
妊婦の血糖コントロールには
インスリンが使用されます。



選択肢 3 ですが
シタグリプチンは
投与に関する安全性が確立しておらず

治療上の有益性が危険性を
上回る場合のみ投与を考慮します。

本症例では
インスリンも選択肢にあり
該当する場合であるとは考えられません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
ナテグリニドは、妊婦禁忌です。
動物実験で、胎盤通過、催奇形性が
認められています。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
メトホルミンは、妊婦禁忌です。
動物実験で催奇形性が報告されています。

※ ただし、海外の研究によれば
メトホルミンによって奇形が増えることはない
という報告もあります。

メトホルミンは
不妊の原因の一つとして指摘されている
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対して
効果が明らかになっています。

そのため
妊婦に対する使用症例が
海外で蓄積されているため
奇形に関する報告があるようです。

とはいえ、日本においてのデータではないし
添付文書にも、この国試の段階では
反映されていないため、妊婦禁忌であることに
変わりはありません。



以上より、正解は 2 です。




問269(薬剤)
薬物の胎盤透過に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 一般に、分子量5,000以上の薬物も
透過して胎児へ移行する。

2 胎盤にはP-糖タンパク質が発現し
薬物の胎児への移行を促進している。

3 多くの薬物の胎盤透過は
pH 分配仮説に従う。

4 一般に、母体中の血漿タンパク質結合形薬物は
胎児へ移行しない。

5 一般に、水溶性の高い薬物ほど
胎盤を透過しやすい。



選択肢 1 ですが
一般に、分子量 1000 以上の物質は
透過しにくいと言われます。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
P - 糖タンパク質は、薬物を母体側に排出しており
胎児への移行を促進しているわけでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
受動拡散なので、脂溶性が高い物質のほうが
胎盤を通過しやすいです。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。