100-26 解説



問26
ムスカリン性
アセチルコリン受容体には
直接作用せず

アセチルコリンによる
平滑筋収縮を増強する薬物はどれか。
1つ選べ。

1 ネオスチグミン
2 ベタネコール
3 イソプレナリン
4 スコポラミン
5 フロプロピオン



選択肢 1 の
ネオスチグミンは
コリンエステラーゼ阻害剤です。


アセチルコリンを分解する
コリンエステラーゼを阻害することで

アセチルコリン受容体に
直接作用することはないが
アセチルコリンの効果を増強させる薬物です。


よって、正しい選択肢です。



選択肢 2 ですが
ベタネコールは
直接型コリン作動薬です。
アセチルコリン受容体(M 受容体)に作用します。
直接作用せず、という問いに該当しません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
イソプレナリンは
β1,β2受容体刺激薬です。
非選択的 β 刺激薬とも呼ばれます。

気管支に作用し、平滑筋を拡張させる作用を持ちます。
平滑筋収縮を増強させるわけでは、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
スコポラミンは
抗コリン薬です。

アセチルコリンの働きを阻害する薬であるため
アセチルコリンの効果を増強するわけでは、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
フロプロピオンは 
COMT 阻害薬です。

平滑筋を弛緩させる作用を持ちます。
平滑筋収縮を増強させるわけでは、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1 です。













参考)
(交感神経系に作用する薬)
(副交感神経に作用する薬)
(肝臓疾患治療薬)