問100-27 解説





問27
自律神経節において節前繊維から
節後線維への神経伝達を行う受容体はどれか。

1 グルタミン酸 NMDA 受容体
2 セロトニン 5 - HT3 受容体
3  ニコチン性アセチルコリン受容体
4 γ - アミノ酪酸GABAA 受容体
5 グリシン受容体



自律神経とは
交感神経と副交感神経のことです。


節前繊維から節後繊維への
神経伝達に用いられる物質は
アセチルコリンです。

従って、受容体は
アセチルコリン受容体です。


以上より、正解は 3 です。


補足
ちなみに
選択肢 1 ですが
NMDA 受容体は
主に中枢神経系に分布する受容体です。

グルタミン酸が結合すると
陽イオンを透過させるような
イオンチャネルとして働く受容体です。

記憶や学習に深く関わる受容体です。


選択肢 2 ですが
5 - HT3 受容体は
主に中枢神経系に分布する受容体です。

セロトニン受容体には
様々なサブタイプがありますが
5 - HT3 の特徴は
イオンチャネルとして働く受容体である点です。


選択肢 4 ですが
GABAA 受容体は
主に中枢神経系に分布する受容体です。

主要な抑制性神経伝達物質である 
GABA の受容体です。
Cl- イオンのチャネルとして働きます。



選択肢 5 ですが
グリシン受容体は
脊髄などで発現し作動している受容体です。

GABA受容体と同様に
抑制性神経の受容体であり
Cl- イオンのチャネルとして働きます。



(ちなみにですが、本問の受容体は
全てイオンチャネルとして作用する
という点に特徴があります。)