問100-30 解説





問30 
心筋のトロポニンの Ca2+ 感受性を高めて
強心作用を示すのはどれか。
1つ選べ。

1 コルホルシンダロパート
2 ミルリノン
3 ジゴキシン
4 ピモベンダン
5 デノパミン



選択肢 1 ですが
コルホルシンダロパートは
アデニル酸シクラーゼ(AC)活性化薬です。
強心薬の一種です。

Ca2+ 感受性を高めて
強心作用を示すわけでは、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
ミルリノンは
ホスホジエステラーゼⅢ阻害薬です。
強心薬の一種です。

Ca2+ 感受性を高めて
強心作用を示すわけでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
ジゴキシンは
ジギタリス製剤です。
Na+,K+-ATPase を阻害することにより作用する
強心薬の一種です。

Ca2+ 感受性を高めて
強心作用を示すわけでは、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
デノパミンは、β1 刺激薬です。
強心薬の一種です。

Ca2+ 感受性を高めて
強心作用を示すわけでは、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。



参考)
(代表的な心不全治療薬)