問100-31 解説





問31 
心室筋の活動電位を
下図の実践から破線へ変化させるのはどれか。
1つ選べ。


1 プロパフェノン
2 メキシレチン
3 プロカインアミド
4 ジベンゾリン
5 アミオダロン



活動電位を破線のように変化させるのは
クラス Ib 群 の抗不整脈薬です。


選択肢 1 ですが
プロパフェノンは、Ic 群の抗不整脈薬です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。
ちなみに、クラス Ib 群には
リドカイン、アプリンジンなどもあります。



選択肢 3 ですが
プロカインアミドは、Ia 群の抗不整脈薬です。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
ジベンゾリンは、Ia 群の抗不整脈薬です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
アミオダロンは、III 群の抗不整脈薬です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



ちなみに
クラス I は、Na+チャネル阻害薬です。
活動電位時間への影響により
更に Ia,Ib,Ic と分類されます。

また、クラス III は、K+チャネル阻害薬です。



(代表的な抗不整脈薬)