問100-33 解説





問33 
胃腸管に発現する受容体で
刺激されることで
消化管運動を亢進させるのはどれか。
1つ選べ。

1 オピオイド μ 受容体
2 アセチルコリン Nm 受容体
3 アドレナリン β2 受容体
4 セロトニン 5 - HT4 受容体
5 ドパミン D2 受容体



選択肢 1 ですが
μ 受容体を刺激すると
腸の運動は、抑制されます。

消化管運動が亢進されるわけでは
ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
アセチルコリン Nm 受容体は
消化管運動を亢進させません。

アセチルコリンの受容体で
消化管運動を亢進させるのは
M 受容体です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
β2 受容体が刺激されると
平滑筋は 弛緩します。

つまり、消化管運動は亢進されません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。
モサプリド(ガスモチン®)等の作用機序です。


選択肢 5 ですが
D2 受容体が刺激されると
アセチルコリン分泌が低下するため
間接的に、消化管運動は抑制されます。


よって、選択肢 5 は誤りです。


ちなみに、D2 受容体遮断薬
(メトクロプラミド(プリンペラン®)等)は
消化管運動改善薬として用いられています。



以上より、正解は 4 です。