問100-36 解説





問36 
グルカゴン様ペプチド - 1 
(GLP-1) 受容体を刺激する
糖尿病治療薬はどれか。
1つ選べ。

1 アカルボース
2 グリベンクラミド
3 ピオグリタゾン
4 メトホルミン
5 リラグルチド



選択肢 1 ですが
アカルボースは、α-GI です。
GLP - 1 作動薬では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
グリベンクラミドは、SU 剤です。
GLP - 1 作動薬では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。




選択肢 3 ですが
ピオグリタゾンは、インスリン抵抗性改善薬です。
作用点は、PPAR - γ です。
GLP - 1 作動薬では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
メトホルミンは、ビグアナイド薬です。
GLP - 1 作動薬では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 5 です。



(糖尿病治療薬)