問100-38 解説





問38
ダルテパリンの凝固因子阻害活性について
正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 トロンビン(第Ⅱa 因子)のみを阻害する。
2 第 Xa 因子よりも第Ⅱa 因子を強く阻害する。
3 第Ⅱa 因子と第 Xa 因子を同等に阻害する。
4 第Ⅱa 因子よりも第 Xa 因子を強く阻害する。
5 第 Xa 因子のみを阻害する。



ダルテパリンは、ヘパリン類似薬です。

「アンチトロンビンⅢを介した
抗 Xa 因子作用を十分有するが

アンチトロンビンⅢを介した
抗トロンビン作用がそれほど強くない」

という特徴を有する薬です。


いいかえると
トロンビン(第Ⅱa 因子)よりも
第 Xa 因子をより阻害する といえます。


以上より、解は 4 です。