問100-39 解説





問39 モンテルカストの抗アレルギー作用の機序はどれか。
1つ選べ。

1 トロンボキサン A2 受容体
(プロスタノイド TP 受容体)遮断
2 トロンボキサン合成酵素阻害
3 ヒスタミン H1 受容体遮断
4 5 - リポキシゲナーゼ阻害
5 ロイコトリエン受容体遮断



モンテルカストは
ロイコトリエン受容体遮断薬 です。


従って、正解は 5 です。



ちなみに
選択肢1~4の代表的な薬としては

1:セラトロダスト、ラマトロバン
2:オザグレル
3:ケトチフェン、セチリジン、フェキソフェナジン

4:オキサトミド
(※オキサトミドの主な作用機序は
H1 拮抗作用とされている。
5-リポキシゲナーゼ阻害作用を併せ持つと
知られている。)

などがあげられます。