薬理 (理論)





問151
受容体刺激薬と遮断薬に
関する記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 刺激薬の pD2 値が大きいほど
効力が小さい。

2 pA2値は
競合的遮断薬の効力を示す。

3 受容体に結合した競合的遮断薬は
高濃度の刺激薬を共存させても
受容体から解離しない。

4 遮断薬のうち
アロステリック部位に結合するものを
競合的遮断薬という。

5 部分刺激薬は
完全刺激薬により生じる最大反応を
減弱させる。





問152
レニン-アンギオテンシン系に
作用する薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アドレナリン β1 受容体遮断薬は
レニン分泌量を減少させる。

2 アルドステロン受容体遮断薬は
レニン分泌量を減少させる。

3 アンギオテンシンⅡ AT1 受容体遮断薬は
アルドステロン分泌量を増加させる。

4 レニン阻害薬は
血中のアンギオテンシン Ⅰ と
アンギオテンシンⅡの量を
減少させる。

5 アンギオテンシン変換酵素阻害薬は
血中のブラジキニン量を減少させる。





問153 
交感神経系に作用する
薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 フェニレフリンは
アドレナリン α1 受容体を選択的に刺激して
血管を収縮させる。

2 フェントラミンは
非競合的にアドレナリン α1 受容体を遮断して
血圧を下降させる。

3 ラベタロールは
アドレナリン β1 受容体遮断作用があるため
反射性頻脈を引き起こす。

4 ミドドリンは
アドレナリン β2 受容体を刺激することで
子宮平滑筋を弛緩させる。

5 チラミンは
短時間内に反復的に静脈内投与されると
その昇圧作用が次第に弱くなる。





問154 
副交感神経系に作用する
薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アセチルコリンは
血管内皮細胞において
一酸化窒素合成酵素(NOS)活性を
低下させる。

2 アセチルコリンのアセチル基を
カルパモイル基に置換すると
コリンエステラーゼによる分解を
受けにくくなる。

3 コリンエステラーゼ阻害薬は
ニコチン様作用のみを示す。

4 ブチルスコポラミンは
ムスカリン性アセチルコリン受容体を
非競合的に遮断する。

5 プロパンテリンは
第四級アンモニウム化合物で
末梢の
ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断して
鎮痙作用を示す。





問155 
催眠・鎮静作用を示す
薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 フルニトラゼパムは
少量でrapid eye movement (REM) 睡眠を
強く抑制する。

2 レボメプロマジンは
γ-アミノ酪酸 GABAA 受容体の 
GABA 結合部位に作用する。

3 ジフェンヒドラミンは
中枢のヒスタミン H1 受容体を遮断する。

4 トリアゾラムは
細胞内へのCl- 流入を促進することで
神経の興奮を抑制する。

5 フェノバルビタールは
グルタミン酸 NMDA 受容体を刺激する。





問156 
精神疾患治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 パロキセチンは
セロトニン5-HT3 受容体を遮断する。

2 トラゾドンは
セロトニン5-HT2A受容体を刺激する。

3 タンドスピロンは
セロトニン5-HT1A受容体を刺激する。

4 ヒドロキシジンは
セロトニンの再取り込みを阻害する。

5 ミルナシプランは
セロトニン及びノルアドレナリンの再取り込みを阻害する。





問157 
心疾患治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ブクラデシンは
細胞膜通過後、サイクリックAMP となり
心筋の収縮力を増強する。

2 ジピリダモールは
ATP感受性K+チャネルの開口により
抗狭心症作用を示す。

3 マニジピンは
心筋細胞のT型Ca2+チャネルを選択的に遮断する。

4 プロプラノロールは
冠動脈れん縮を抑制して、心筋への酸素供給を増大させる。

5 カルペリチドは
膜結合型グアニル酸シクラーゼを活性化し、利尿作用を示す。





問158 
気管支ぜん息治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 オキシトロピウムは
IgE 抗体の産生を抑制する。

2 プロキシフィリンは
ホスホジエステラーゼを阻害して
気管支平滑筋細胞内
サイクリック AMP 量を増加させる。

3 サルメテロールは
気管支平滑筋のアセチルコリン M3 受容体を
選択的に遮断する。

4 アゼラスチンは
肥満細胞からのヒスタミンおよび
ロイコトリエン類の遊離を抑制する。

5 セラトロダストは
トロンボキサン合成酵素を
選択的に阻害する。





問159 
消化器系に作用する薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 センナは
大腸のアウエルバッハ神経叢に作用し
腸運動を抑制する。

2 ウルソデオキシコール酸は
胆汁中の胆汁酸を増加させるとともに
コレステロール胆石を溶解する。

3 ピペリドレートは
Oddi 括約筋の収縮を抑制する。

4 ラモセトロンは
消化管内在神経叢のセロトニン 5-HT3 受容体を刺激し
便秘を改善する。

5 ポリカルボフィルカルシウムは
小腸上部で吸収され、大腸内水分保持作用を示す。





問160 
糖質コルチコイドに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 標的細胞の細胞質で
受容体と結合し、核内へ移行する。

2 細胞性免疫を抑制するが
体液性免疫を抑制しない。

3 タンパク質異化作用により
骨粗しょう症を引き起こす。

4 下垂体に作用し
副腎皮質刺激ホルモン (ACTH) 
の分泌を促進する。

5 腎集合管に作用し
Na+ 及びK+ の排泄を促進する。





問161 
呼吸器系に作用する薬物について
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 ジヒドロコデインは
モルヒネより鎮咳作用は強いが
依存性形成作用は弱い。

2 アンブロキソールは
Ⅱ型肺胞上皮細胞からの肺表面活性物質
(肺サーファクタント)の分泌を促進し
去痰作用を示す。

3 カルボシステインは
ムコタンパク質のジスルフィド結合を切断して
痰の粘度を低下させる。

4 ノスカピンは
延髄の咳中枢を抑制して鎮咳作用を示すが
呼吸中枢抑制作用はない。

5 ナロキソンは
末梢性化学受容器を刺激して呼吸興奮を引き起こす。





問162 
止血薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 カルバゾクロムは
血管に作用して血管透過性を抑制し
血管抵抗性を高める。

2 フィトナジオンは
プロトロンビンの生合成を阻害し
高プロトロンビン血症を改善する。

3 トラネキサム酸は
プラスミンやプラスミノーゲンのフィブリンへの結合を促進し
血液凝固を引き起こす。

4 プロタミンは
ヘパリンと結合し、ヘパリンの抗凝固作用を消失させる。

5 ヘモコアグラーゼは
ヘモグロビンと塩を形成し、止血作用を示す。





問163 
関節リウマチの治療に用いる
薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 レフルノミドは
ピリミジン合成系を阻害し、リンパ球の増殖を抑制する。

2 サラゾスルファピリジンは
抗原提示細胞の CD80/CD86 に結合し
CD28 を介した共刺激シグナルを阻害する。

3 ペニシラミンは
カルシニューリンを阻害し、ヘルパーT細胞での
インターロイキン- 2 産生を抑制する。

4 オーラノフィンは
腫瘍壊死因子 α (TNF-α) と特異的に結合し
TNF-α の細胞膜受容体への結合を阻害する。

5 メトトレキサートは
キメラ型モノクローナル抗体製剤に対する
中和抗体の産生を抑制する。





問164 
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
感染症治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 アバカビルは
HIV インテグラーゼを阻害して
HIV ゲノムが宿主細胞ゲノムに組み込まれるのを妨げる。

2 マラビロクは
dGTP と拮抗してHIV-1の逆転写酵素を
競合的に阻害する。

3 ネビラピンは
HIV-1の逆転写酵素の疎水ポケット部分に結合して
酵素活性を阻害する。

4 ネルフィナビルは
HIV プロテアーゼを阻害して
HIV 前駆体ポリタンパク質の切断を妨げる。

5 ラルテグラビルは
ウイルスDNA に取り込まれてDNA 鎖伸長を停止させる。





問165 
抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 パクリタキセルは
チューブリンの重合を阻害し、有糸分裂を抑制する。

2 カルボプラチンは
DNA 鎖に架橋を形成し、DNA の複製を阻害する。

3 ブレオマイシンは
活性酸素を発生させ、DNA 鎖を切断する。

4 ベバシズマブは
ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)に対する
モノクローナル抗体で血管新生を阻止する。

5 ボルテゾミブは
プロテアソームを活性化し
転写因子NF-κB の作用を阻害する。